よく検索されるワード

全てのジャンル

畜産市場

検索結果 3件中 1〜 3の表示

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:ハバキ 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

岩手県産 不定貫商品 NEW オススメ 限定品 オリジナル ブランド食材 冷蔵 柿木畜産

【希少】奇跡の短角牛 セット(半丸から)

top画像
今話題の赤身肉

山形村短角牛は、脂身(サシ)が少なく赤身の多い肉が特徴です。
ミネラル豊富な草を食み、広大な牧場でストレスなく育つため、健康で質の良い旨味の強い赤身肉となり、肉本来の美味しさを堪能することができます。

自然を活かした飼育方法

山形村短角牛は、親子で広大な牧場に放牧され、春から秋にかけ自然の中でのびのび育ちます。
無農薬でミネラル豊富な牧草を食み、高原のさわやかな空気の中を駆け回り過ごします。
厳しい冬は、牛舎で過ごし、国産100%の混合飼料を与えられ、春を待ちます。放牧期間中は自然交配も行われ、牛舎で過ごす2月から3月にかけて子牛が生まれます。自然と風土を生かし育てられた健康牛です。

単価:4,200円/kg

497,700円/118.5kg (税込)

岐阜県産 不定貫商品 NEW 残りわずか オススメ 限定品 格安 ブランド食材 冷蔵 食肉卸 開明フーズ

飛騨牛 内モモ (雌牛) 4等級

【飛騨牛とは】

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。 山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品です。

【飛騨牛の歴史】

岐阜県では昭和20年代、田畑を耕す役割を兼ねた「役牛」として牛を飼育していました。30年代になると、農作業の機械化が進み「役牛」から肉用牛への転換が始まります。40年代には、肉質や増体に注目が集まり肉用としての改良がおこなわれるようになりました。この流れは日本全国で起こり、各県が改良の成果を競う場として和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」(通称:全共)が開催されるようになりました。

50年代、岐阜県内にはそれぞれの地域名がついた和牛が飼育されていましたが、統一の機運が高まり、県下総称して「岐阜牛」と呼ばれるようになります。

昭和56年、のちに“飛騨牛の父”と呼ばれ、ブランドの立役者となる「安福号」が兵庫県より導入され、その産子が次々と素晴らしい産肉成績を収めます。そして統一名称を「岐阜牛」から「飛騨牛」へと変更し銘柄を推進するため、当時「飛騨牛」の商標を取得していた㈱吉田ハムの全面的な協力を得て、昭和63年、飛騨牛銘柄推進協議会が設立されます。 ここから飛騨牛の歴史は始まりました。

【飛騨牛の現在】

近年では近畿東海北陸連合肉牛共進会においても連覇を達成しています。この共進会は松阪牛や神戸牛、近江牛などの名だたるブランド牛を擁する県が参加する大会で、平成24年度・25年度・平成27年度と最優秀枝肉賞(農林水産大臣賞)を受賞しています。

「安福」の血を引く「飛騨白清」をはじめ「白清85の3」「花清国」など数多くの種雄牛(父牛)が県内で活躍しており、飛騨牛ブランドの更なる発展に寄与しています。

また岐阜県は(公社)日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付において最高等級である5等級の発生率が全国平均をはるかに上回っており生産者の肥育技術の高さが際立ちます。

【飛騨牛 内モモ(雌牛)4等級】

飛騨牛の雌牛の内ももです。雌牛独特の上品な脂の質と肉の旨みが違います。

単価:4,000円/kg

40,000円/10.0kg (税込)

佐賀県産 不定貫商品 冷蔵 株式会社上場食肉

【最上肉質・艶さし・佐賀牛】外モモ3点SP(ナカニク・シンキボ・ハバキ)

【最上肉質・5等級と、ご注文下さい。】
【最高級の国産黒毛和牛なら「佐賀牛(R)」です。】

「佐賀牛(R)」は、日本最上級の等級格付けを誇る、国産黒毛和牛の最高峰です。
(社)日本食肉格付協会を定める厳格な基準で選ばれており、
その品質は、全国に数多くある銘柄牛の中でも
トップクラスの肉質等級5と4、BMS7以上。

キメの細やかな美しい霜降りは「艶さし」と呼ばれ、
全国のグルメや高級料理店で、貴重な美味として愛されています。

単価:4,536円/kg

58,968円/13kg (税込)