よく検索されるワード

全てのジャンル

惣菜・調理品市場

検索結果 204件中 1〜 100の表示

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:和食 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

島根県産 オススメ 限定品 オリジナル 送料無料 小ロッド販売 常温 真砂産業株式会社

送料無料【島根県益田市特産】自然薯とむかごの炊き込みご飯の素 1パック2合用×5

栄養豊かで「山菜の王者」と言われる 自然薯と、自然薯の香りと旨味が凝縮された むかご(自然薯のツルの途中にできる球芽)を贅沢に使った炊き込みご飯の素です。


ホクホクとした食感と、滋養豊かで、香り高い「炊き込みご飯の王者」です。


通常の水加減で炊いていただけます。

単価:440円/100g

2,860円/650g (税込)

島根県産 オススメ 限定品 オリジナル 送料無料 小ロッド販売 常温 真砂産業株式会社

送料無料【島根県益田市特産】自然薯とむかごの炊き込みご飯の素 1パック2合用

栄養豊かで「山菜の王者」と言われる 自然薯と、自然薯の香りと旨味が凝縮された むかご(自然薯のツルの途中にできる球芽)を贅沢に使った炊き込みご飯の素です。


ホクホクとした食感と、滋養豊かで、香り高い「炊き込みご飯の王者」です。


通常の水加減で炊いていただけます。

単価:584円/100g

760円/130g (税込)

熊本県産 不定貫商品 オリジナル 冷凍 AMAKUSA EXPRESS

大人気商品【天草産】小イカ沖づけ

アオリイカの子供を沖づけにしました。スルメイカより濃厚な甘みがあり、みりん、しょうゆとマッチして酒のつまみに大人気商品です。
一口でイカ一匹を食する醍醐味もお楽しみいただけます。

単価:2,000円/kg

2,000円/1kg (税込)

その他産 冷凍 株式会社 はく刻

真空バラチャーシュー 角切り 14k

シートベリーを1/2にカット後 横に1/4でたれを入れて真空で調理しております。こちらは、和食さんの角煮などで下ごしらえ程度の処理をしているものとお考え下さい。もちろん解凍だけでも召し上がることは可能です。豚肉の原産地は、スペイン産・カナダ産などの輸入豚です。

単価:1,382円/kg

19,348円/14kg (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 牛ハツ串 1本110g

牛のハツです。少し珍しいタイプのお肉です。

南米のペルー等様々な国で好まれるお肉ですね。

味や食感を例えるなら臭みのないレバーといったところでしょうか。

串焼きでは尚更珍しいこのお肉是非一度ご賞味ください。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:154円/100g

170円/110g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 ネギマ串(ムネ) 1本120g

定番商品!ネギマです。

ムネ肉を使っていますので、さっぱりと召し上げれます。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:105円/100g

127円/120g (税込)

アメリカ産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

牛ステーキ串(非合成牛) 1本80g

フードデリの看板商品です!

主に米国産の穀物牛で、部位はチャックアイロールを使用しております。
しゃぶしゃぶやすき焼きにに使われる高級部位なので、肉はとても柔かくオーストラリア産のグラス(牧草で育てられた)牛とは肉質がまるで違います。

当店スタッフの間でも、海外産牛肉としての評価は常に高いものとなっております。


飼育方法の違い、産地の違いによる肉質の違いをご堪能下さい!

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:383円/100g

307円/80g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 豚カシラ串 1本110g

こちらは豚のカシラ串です。

「どれがお勧めですか?」とお酒が好きなお客様に聞かれた時に、フードデリスタッフがお勧めする一品の一つです。

柔らかすぎず、かといって当店自慢のぶ厚いタン程のコリコリした食感を求めていない人にとっては食べやすいお肉です。

年配の方にも人気がありますが意外にも子供さんにも親しまれやすいお肉でもあります。

食べたことのない人は試してみる価値がありです♪

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:170円/100g

187円/110g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

豚ハラミ串 1本80g

大人気のハラミ串です。

ジューシーで濃厚な味わいの串で幅広い層から支持とリピーターを得る商品です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:143円/100g

115円/80g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 豚ハラミ串 1本110g

大人気のハラミ串です。

ジューシーで濃厚な味わいの串で幅広い層から支持とリピーターを得る商品です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:131円/100g

145円/110g (税込)

ブラジル産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 鶏モモ串 1本120g

鳥モモ肉の大串になります。

ブロイラーを使用し部位は柔らかくジューシーなモモ肉を使っております。

老若男女を問わず人気で牛肉や豚肉に比べてコストパフォーマンスに優れた商品です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:106円/100g

128円/120g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

鶏皮串 1本80g

子供に大人気の鳥皮をジャンボサイズでご用意いたしました。

コストパフォーマンスに優れた一品です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:156円/100g

125円/80g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 ネギマ串(モモ) 1本120g

定番商品!ネギマです。

モモ肉を使っていますので、旨みをしっかり堪能していただけます。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:115円/100g

138円/120g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

鶏ココロ串(ハツ) 1本80g

希少部位を使った串になります。

ココロ(ハツ)はこりこりしてて、酒飲みにはたまらない食感です!

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:157円/100g

126円/80g (税込)

山形県産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

米沢牛串 1本80g

米沢牛の牛串商品です。

その値段と希少性故に市場での流通量も少ないお肉です。

フードデリではA-3からA-5のランクのお肉まで取り扱っております。

このお肉に関しては当店としても、かなり頑張った価格でご提供させて頂いております!

是非一度、日本のトップブランドの一つを贅沢なバーベキュー等で堪能してみて下さい。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:997円/100g

798円/80g (税込)

山形県産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

ビッグサイズ 米沢牛串 1本100g

米沢牛の牛串商品です。

その値段と希少性故に市場での流通量も少ないお肉です。

フードデリではA-3からA-5のランクのお肉まで取り扱っております。

このお肉に関しては当店としても、かなり頑張った価格でご提供させて頂いております!

是非一度、日本のトップブランドの一つを贅沢なバーベキュー等で堪能してみて下さい。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:918円/100g

918円/100g (税込)

その他産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 豚タン串 1本120g

一般にタンと言うと想像されるのは焼き肉店で見かける薄いタンですが、フードデリ湘南ファクトリーでは、あえて極厚ボリュームのタンを一串で提供しております!

フードデリスタッフはお客様にこの極厚タンはビールと一緒に頂くことをいつもお勧めしています♪

極厚のタンの旨味を堪能してみてください♪

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:158円/100g

190円/120g (税込)

その他産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

豚タン串 1本100g

一般にタンと言うと想像されるのは焼き肉店で見かける薄いタンですが、フードデリ湘南ファクトリーでは、あえて極厚ボリュームのタンを一串で提供しております!

フードデリスタッフはお客様にこの極厚タンはビールと一緒に頂くことをいつもお勧めしています♪

極厚のタンの旨味を堪能してみてください♪

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:170円/100g

170円/100g (税込)

その他産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

豚バラ串 1本100g

フードデリスタッフがお客様に「一番柔らかいお肉はなんですか?」と聞かれた時に真っ先に答えるのがこの豚のバラ肉です。

お年寄りでも無理なく勧められるお肉なので、おうちで焼肉パーティーをしたいけどおじいちゃんやおばあちゃんに気を使ってしまってできないというお客様はこのバラ肉を是非たべさせてあげてください!

きっとおじいちゃんおばあちゃんも次回の焼肉パーティーが楽しみになりますよ♪

またバラ肉は様々な料理に使えるので、是非普段のお食事のお供にもどうぞ♪

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:140円/100g

140円/100g (税込)

その他産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

特大 豚バラ串 1本120g

フードデリスタッフがお客様に「一番柔らかいお肉はなんですか?」と聞かれた時に真っ先に答えるのがこの豚のバラ肉です。

お年寄りでも無理なく勧められるお肉なので、おうちで焼肉パーティーをしたいけどおじいちゃんやおばあちゃんに気を使ってしまってできないというお客様はこのバラ肉を是非たべさせてあげてください!

きっとおじいちゃんおばあちゃんも次回の焼肉パーティーが楽しみになりますよ♪

またバラ肉は様々な料理に使えるので、是非普段のお食事のお供にもどうぞ♪

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:133円/100g

160円/120g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

砂肝串 1本80g

お酒飲みや通が好きな砂肝をジャンボサイズでご用意いたしました。

ニッチな顧客層の開拓に一役買う助けになります。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:168円/100g

135円/80g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

ボンジリ串 1本90g

幅広い層に人気のボンジリです。

子供、成人男性、女性など、好きな人には堪らないプリプリの食感です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:161円/100g

145円/90g (税込)

オーストラリア産 NEW オススメ 格安 オリジナル 小ロッド販売 冷凍 フードデリ湘南ファクトリー

ラムステーキ串 1本80g

ヘルシーで女性や健康志向の方に人気のラム肉の串です!

マトンに比べて臭みも少なく、味もジューシーかつ濃厚です。

一本単位でご注文いただけますが、送料がかかりますのでまとめてお買い求めいただいた方が「お得」です!

フードデリ湘南ファクトリーの全て商品を見る…→コチラ
牛串は…→コチラ
豚串は…→コチラ
鶏串は…→コチラ
ラム串は…→コチラ

単価:227円/100g

182円/80g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:275円/100g

825円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,650円/kg

2,650円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,500円/kg

12,500円/5kg (税込)

【お試し食べ比べ3種セット】【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ・ハラミ・カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:460円/100g

1,380円/300g (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

幻の大分とり天【国産プリフライ】1kg×10

とり天は大分県を代表するソウルフードです。そのとり天を半揚げ調理することにより、身近に楽しめるようになりました。
昨今、共働きにの時間のない30~40代の主婦層をターゲットにより手軽で本格的な味を提供することができます。
また、バラ凍結なので必要な分を必要な時に使用出来ます。
お弁当のおかずにもピッタリの商品です。

単価:870円/kg

8,700円/10kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

昆布〆まふぐ刺身(山口県下関天然)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 19cm 30g

山口県の沖で獲れた、天然真ふぐ(まふぐ)のふぐ刺しセットです。
ふぐに豊富やアミノ酸やイノシン酸と相性の良い「昆布〆」にすることでうまみの相乗効果を引き出しました。しとやかな食感とまろやかな味わい。地元のふぐ関係者の間では、ふぐの王様とらふぐに対し、真ふぐはふぐの女王とも呼ばれています。農林水産大臣賞を受賞した昆布〆刺身3-4人前と同じお刺身となります

単価:2,857円/kg

5,714円/2kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

昆布〆まふぐ刺身(山口県下関天然)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 22cm 40g

山口県の沖で獲れた、天然真ふぐ(まふぐ)のふぐ刺しセットです。
ふぐに豊富やアミノ酸やイノシン酸と相性の良い「昆布〆」にすることでうまみの相乗効果を引き出しました。しとやかな食感とまろやかな味わい。地元のふぐ関係者の間では、ふぐの王様とらふぐに対し、真ふぐはふぐの女王とも呼ばれています。農林水産大臣賞を受賞した昆布〆刺身3-4人前と同じお刺身となります

単価:3,142円/kg

7,857円/2.5kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

とらふぐ皮(国産養殖)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 40g×30

とらふぐ皮は、本皮100%。俗にいう”とうとうみ”のみを使用しております。
外皮の小棘(しゃみ皮)をそいだものをやわらかくしたものではありません。
小棘をそぎ取ったあとの、本皮と内皮をだけを沸騰した湯でゆで上げ、氷水にさらします。
とらふぐの皮はコラーゲンのかたまり。こりこりとした弾力ある食感が楽しめます。

単価:892円/kg

10,714円/12kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

とらふぐちり(国産養殖)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 200g×20

ふぐの中でも随一な「とらふぐ」は、アラから出る”だし”も旨味が違います。
・本格的な味がにじみ出る「頭」
・筋肉質で旨い!通にはたまらない「かま(胸部筋肉部分)」
・筋肉とぷるぷるコラーゲンを含む「口」
・これぞ醍醐味、肉厚にカットした「切り身」
ふぐの王様「とらふぐ」の贅沢なちり鍋をご堪能ください。
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:10,214円/kg

40,857円/4kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

とらふぐ干ひれ(国産養殖) 約20枚 20g×30

「とらふぐ干しひれ」:国産とらふぐの干しひれです。より強くひれの香りがします。フライパンやトースターでじっくり炙ってお酒にお入れ下さい。
「とらふぐ焼きひれ」:国産とらふぐの焼きひれです。遠赤外線熱でこんがりと焙焼済みですのでそのままお酒に入れて手軽に楽しめます。

単価:3,092円/kg

18,557円/6kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

まふぐちり(山口県下関天然)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 200g×20

「まふぐ」はふぐの女王とも言われ、とらふぐにはひけをとりますがほどよい歯ごたえとほのかな旨味が特徴です。とらふぐに比べると手頃な価格で天然ふぐをご賞味頂けるとあって、県内ではブランド推進も行われています。まふぐはその個体差により飴色掛かっている場合がございます。
1) 地元山口県沖で獲れた、良鮮度の真ふぐを素早く処理!
2) 三枚おろしで骨がない、ボリュームのある切り身!
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。

弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:5,428円/kg

21,714円/4kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

まふぐちり(山口県下関天然)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 300g×20

「まふぐ」はふぐの女王とも言われ、とらふぐにはひけをとりますがほどよい歯ごたえとほのかな旨味が特徴です。とらふぐに比べると手頃な価格で天然ふぐをご賞味頂けるとあって、県内ではブランド推進も行われています。まふぐはその個体差により飴色掛かっている場合がございます。
1) 地元山口県沖で獲れた、良鮮度の真ふぐを素早く処理!
2) 三枚おろしで骨がない、ボリュームのある切り身!
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。

弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:5,428円/kg

32,571円/6kg (税込)

福岡県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

九州産華味鶏とり天 800g×14

和風だしの天つゆに漬け込んだレンジ対応のとり天です。海藻やハーブ、ぶどうの絞り粕や木酢液などと共に、腸内環境を整える飼料を与え健康的に育てられた華味鶏使用を使用

単価:1,666円/kg

18,660円/11.2kg (税込)

福岡県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

若鶏から揚げ 1㎏×10

幅広い人気の唐揚げです。国産鶏肉を使用した醤油ベースの味付けです。結着使用により、サイズを揃えております。

単価:773円/kg

7,730円/10kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【佐賀関】関ぶりカツ【冷凍】2枚入×8P

1本釣りで釣りあげた関ぶり
佐賀関は関あじ、関さばだけではなく「関の5魚種」として品質の良い「関ぶり」が水揚げされます。
大分県漁協佐賀関支店の漁師が1本釣りで釣りあげた関ぶりの切身を、トンカツをイメージした鰤カツにしました。

単価:212円/100g

1,700円/800g (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【長崎県】活鯛の新鮮丼 80g(鯛:50g/タレ:30g)×50

世界で最も美しい湾クラブに加盟した長崎県佐世保市の九十九島!そこで育てられた鮮度抜群な養殖の活鯛を使用しています。

当店秘伝のタレに漬け込んだあと、タレが染み込みすぎる前にマイナス60℃で急速に凍結することで、うまみをぎゅっと閉じ込めています。

単価:4,975円/kg

19,900円/4kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【大分県津久見】百年続く漁師めし!!ひゅうが丼 120g×10P

100年愛されるマグロ漁師の味。地元津久見のソウルフード「ひゅうが丼」。それぞれの家庭にそれぞれの味がある。元マグロ漁師だった弊社創業家に伝わる味を実現。ゴマの風味香り、独特の甘めの醤油タレがごはんに合う一品。流水解凍3分で簡単に食べられる。

単価:3,469円/kg

39,900円/11.5kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【大分県津久見】まぐろメンチカツ 60g×5個入×10

お肉の代わりにびんちょうマグロと新鮮キャベツで作ったヘルシーなメンチカツ。コロッケ同様、170℃~の油で温度が下がりすぎないようにゆっくり一つずつ入れ、キツネ色になるまで揚げてください。

単価:1,616円/kg

4,850円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご漁師漬け 8尾×10P×30

朝捕れしたきびなごを手作業でひらいて家伝醤油に漬けこんだ漁師漬け、鮮度の証、 きびなごがルビー色に透き通っています。
中に霧島の有村製茶が入っているので 薬味と一緒にお茶漬けで味わって下さい。
このきびなごは酒の肴に最高、きゅうりに わさびを添えてきびなごと一緒に海苔でまいて食べて下さい。お酒に最高です。
また、 ワイン好きに必見、クラッカーにクリームチーズ、きびなご、ワサビの順でのせたら ものすごくワインに合います。

単価:44,000円/kg

66,000円/1.5kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご塩干 100g×30

キビナゴ塩干は、漁師だからできる一番良い鮮度のキビナゴを持ち帰り、甑海洋深層塩水で漬け込みます。わざわざ甑海洋深層水を濃縮してもらい、その中に新鮮なキビナゴを漬け込みます。時期、魚体により漬け込み時間を変えて味のばらつきがないようにしています。また、甑海洋深層塩水を冷蔵保存しているためキビナゴを漬け込む際に急激な劣化を防いでいます。このきびなごを島の太陽と島風で海辺天日一日仕上げにしています。一度食べてみて下さい。

単価:3,640円/kg

10,920円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご塩干 1kg×20

キビナゴ塩干は、漁師だからできる一番良い鮮度のキビナゴを持ち帰り、甑海洋深層塩水で漬け込みます。わざわざ甑海洋深層水を濃縮してもらい、その中に新鮮なキビナゴを漬け込みます。時期、魚体により漬け込み時間を変えて味のばらつきがないようにしています。また、甑海洋深層塩水を冷蔵保存しているためキビナゴを漬け込む際に急激な劣化を防いでいます。このきびなごを島の太陽と島風で海辺天日一日仕上げにしています。一度食べてみて下さい。

単価:2,410円/kg

48,200円/20kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなごから揚げ 100g×30

朝捕れしたキビナゴを選別したのち、甑海洋深層塩水8%に漬け込み澱粉でころもをつけたシンプルで素材の味がわかる唐揚です。甑海洋深層塩水に漬け込むことで腸の苦みが軽減され、旨みが増します。
塩味だけなので南蛮漬けにも最適です。
流水解凍でそのまま揚げて戴くだけです。

単価:2,186円/kg

6,560円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなごから揚げ 1kg×20

朝捕れしたキビナゴを選別したのち、甑海洋深層塩水8%に漬け込み澱粉でころもをつけたシンプルで素材の味がわかる唐揚です。甑海洋深層塩水に漬け込むことで腸の苦みが軽減され、旨みが増します。
塩味だけなので南蛮漬けにも最適です。
流水解凍でそのまま揚げて戴くだけです。

単価:1,462円/kg

29,250円/20kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご冷凍 100g×30

きびなごの旬は年に3回あります。まず1番目に5月・6月産卵時期の子持ちきびなごです。お腹の中に白子か卵が入っています。この時期は塩焼き・てんぷらがおすすめです。2番目に11月・12月のきびなごです。寒が入っりすべての魚が美味しくなるこの時期、きびなごの骨もやわらかく頭だけ取って刺身がお勧めです。プウ(しゃぶしゃぶや)やから揚げもおすすめです。3番目に1月・2月・3月です、産卵に向けてきびなごはいっぱい餌を食べて脂がのってきます。塩焼き・煮つけ・てんぷらがお勧めです。

きびなごはカルシウム、ビタミンDが多く含まれていることが分かりました。カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDは脂溶性ビタミンなので油脂と同時に食べるとよいです。
バランス良く含まれるEPA、DHAは不飽和脂肪酸の一種で、どちらも健康維持のために大切な成分。体内では作り出すことのできない失須脂肪酸でもあるので、外から補う必要があります。

単価:1,713円/kg

5,140円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご冷凍 1kg×20

きびなごの旬は年に3回あります。まず1番目に5月・6月産卵時期の子持ちきびなごです。お腹の中に白子か卵が入っています。この時期は塩焼き・てんぷらがおすすめです。2番目に11月・12月のきびなごです。寒が入っりすべての魚が美味しくなるこの時期、きびなごの骨もやわらかく頭だけ取って刺身がお勧めです。プウ(しゃぶしゃぶや)やから揚げもおすすめです。3番目に1月・2月・3月です、産卵に向けてきびなごはいっぱい餌を食べて脂がのってきます。塩焼き・煮つけ・てんぷらがお勧めです。

きびなごはカルシウム、ビタミンDが多く含まれていることが分かりました。カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDは脂溶性ビタミンなので油脂と同時に食べるとよいです。
バランス良く含まれるEPA、DHAは不飽和脂肪酸の一種で、どちらも健康維持のために大切な成分。体内では作り出すことのできない失須脂肪酸でもあるので、外から補う必要があります。

単価:1,312円/kg

26,250円/20kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【手作り】国産豚チキンカツ(生パン粉使用) 120g×50枚

宮崎県産の鶏肉を使用し、生パン粉を衣に使用することで、ボリューム感があり、サクサクとした食感をご堪能戴けます。
機械を使用せず、ひとつひとつ手で丁寧に衣をつけて、急速冷凍した商品をお届け致します。

単価:1,368円/kg

8,210円/6kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【中津から揚げ】総本家もり山 ももから揚げどぶ漬け1kg×10

『総本家もり山もも』ジューシーな味わいの国産鶏のモモ肉だけを使用。あっさりとした味わいの中にもしっかりとしたコクを感じる塩からあげは、ついつい何個でも食べてしまいます。
タレ漬けですので、片栗粉を薄くまぶして揚げてください。

単価:1,666円/kg

16,660円/10kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【中津から揚げ】総本家もり山 むねから揚げどぶ漬け1kg×10

『総本家もり山むね』低カロリーで健康にもよいとされるムネ肉のからあげは女性やお子さま、そしてダイエットを気にする方に人気の高い商品です。もも肉とはまた違った食感のおいしさを味わえます。
タレ漬けですので、片栗粉を薄くまぶして揚げてください。

単価:1,400円/kg

14,000円/10kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【中津から揚げ】総本家もり山 砂ズリから揚げどぶ漬け1kg×10

『総本家もり山砂ずり』はコリコリとした食感の中に旨みがギュッとしみ込んでいます。固くなりすぎないよう丁寧に刻みを入れているので、冷めてもおいしく食べることができます。
タレ漬けですので、片栗粉を薄くまぶして揚げてください。

単価:1,600円/kg

16,000円/10kg (税込)

福岡県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【福岡県】九州産華味鶏とり天 800g×14

和風だしの天つゆに漬け込んだレンジ対応のとり天です。海藻やハーブ、ぶどうの絞り粕や木酢液などと共に、腸内環境を整える飼料を与え健康的に育てられた華味鶏使用を使用

単価:1,666円/kg

18,660円/11.2kg (税込)

福岡県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【福岡県】若鶏唐揚げ 1㎏×10

幅広い人気の唐揚げです。国産鶏肉を使用した醤油ベースの味付けです。結着使用により、サイズを揃えております。

単価:773円/kg

7,730円/10kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【長崎県】活ぶりの新鮮丼 80g(ぶり:50g/タレ:30g)×50

世界で最も美しい湾クラブに加盟した長崎県佐世保市の九十九島!そこで育てられた鮮度抜群な養殖の活ぶりを使用しています。

当店秘伝のタレに漬け込んだあと、タレが染み込みすぎる前にマイナス60℃で急速に凍結することで、うまみをぎゅっと閉じ込めています。

単価:4,975円/kg

19,900円/4kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

関ぶりあら煮 280g×40

関ぶりのあら煮を自社加工し、骨まで食べれるように作りました!!
■ 1本釣りで釣りあげた関ぶり
佐賀関は関あじ、関さばだけではなく、「関の5魚種」として品質の良い「関ぶり」が水揚げされます。 大分県漁協佐賀関支店の漁師が1本釣りで釣りあげた関ぶりのアラを使用した商品です。
通常の加工製造では賞味期限が短いことから、加熱加圧殺菌の機械によりレトルト加工した結果、賞味期限が長くなり、また常温でも保存ができます。 骨まで食べられるので栄養価が良く、またぶりにはカルシウム・コラーゲン・ビタミン・ミネラル等が含まれています。

単価:8,214円/kg

23,000円/2.8kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

華漣のオリーブオイル漬け 100g×15

やわらかさそのままに華連(小長井町産牡蠣)を瓶に閉じ込めました。パスタに混ぜたり、パンにのせたり、いろいろな料理に使えます。

単価:11,200円/kg

16,800円/1.5kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のくんせい 40g×50

スモークチーズのような濃厚さと牡蠣の旨味が凝縮した味わいです。そのままでも美味しいですが、スライスするとよりいっそう美味しくいただけます。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のしぐれ煮 50g×50

牡蠣の食感を残し甘辛く炊き上げました。あつあつのご飯にかけて食べると◎です。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のオイル漬け 50g×50

やわらかくて牡蠣の風味が楽しめます。パスタに混ぜたり、パンにのせたり、そのままでも美味しい。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

兵庫県産 オリジナル ブランド食材 小ロッド販売 冷凍 明石だこ専門店

明石ダコのやわらか煮

■兵庫県の特産品「平成28年度五つ星ひょうご」に認定


■兵庫が誇る日本一のタコそれが「明石タコ」
プリッとした食感と噛めば噛むほどに旨みがひろが
ります! なぜ「明石タコ」が美味しいのか。
それは明石海峡の激しい潮流にもまれて育つので身
が締まって「明石のタコは立って歩く!」と言われ
るぐらい足が太短く弾力がつくからです。
そして豊富な餌。明石海峡は稚ガニの宝庫そのカニ
やエビを毎日食べているからなのです。

その明石タコの中で最も美味しいと言われている
二見沖産の真蛸を使用!

昼に水揚げされた刺身でも食べられる新鮮な真蛸を
使用しています。

蛸の歯ごたえを絶妙に残しながらこだわりの調味料と
製法でじっくり丁寧に調理しています。
明石蛸でしか味わえない旨味をお楽しみ下さい。


■冷凍庫から冷蔵庫にうつして解凍してからお使い下さい。


■美味しさの秘密
(1) 当社の直営キッチン工房で造られております。
(2) 昼に水揚げされた明石の天然真蛸の小サイズ(100~300g)を、すぐに下処理の後、ゆで蛸にします。つまり、刺身でも食べられる新鮮な真蛸を使用しています。
(3) ゆで蛸にした後、清潔な真空パックに詰めて、急速冷凍致します。
(4) ベテランの職人が付きっきりで作業をしています。

単価:6,300円/kg

6,300円/1.0kg (税込)

日本産 季節限定 冷蔵 みちごや食品

国産牛肉のにこごり

冷凍保存も出来ますので、大量注文にも


対応出来ます。ご注文時に部位別指定も


承ります。少し日数を頂く事に成りますが、


お好みの部位でオリジナルの商品をお考えの


店舗様及びお客様に最適に成る様に努力致します。

単価:3,780円/kg

3,780円/1kg (税込)

日本産 有償サンプル ブランド食材 冷蔵 みちごや食品

和牛テールのしっぽり煮

和牛テールを 2日間じっくり煮込み、骨から外れる寸前で真空パックに入れてボイル殺菌しました。この調理方法は、奈良県の郷土料理として、80年前にはすでに提供して居ました。帰省する家族の為の正月の定番料理として各家庭で調理されて居ました。今でも希少部位の為価格も高価に成って居ます。なかなか入手困難な商品です。独自のルートで和牛又は交雑牛を仕入れるために、内臓肉を一頭買いする等で頑張って入手して居ります。こちらの商品も他の国産牛ホルモン同様、丁寧に脂の除去等下処理も出来て居ます。牛煮込み料理の最高傑作に成って居ると思います。お試しサンプルも御座います。ご利用の程宜しくお願い致します。

単価:5,400円/kg

5,400円/1kg (税込)

日本産 有償サンプル 冷蔵 みちごや食品

超特価・下処理済み国産牛ホルモンサンプル 8商品

国産牛ホルモン盲腸・国産牛ホルモンハチノス・国産牛ホルモン大腸・


国産牛ホルモンギャラ芯・国産牛ホルモンフク・国産牛ホルモン千枚・


国産牛ホルモンみの・国産牛ホルモン直腸 の 8種類に成ります。


レシピは商品と一緒に箱の中に入れて、発送いたします。


作った事の無いレシピが数種類有ると思います。


サンプル商品に付き 1店舗又は 1家族 1回限りのサンプルと


させて頂きます。御了承の程宜しくお願い致します。

単価:3,240円/kg

3,240円/1kg (税込)

日本産 有償サンプル 冷蔵 みちごや食品

国産豚角煮

国産豚バラ肉又は国産豚ロース肉を圧力鍋で煮込みました。


箸で切れる位煮込んでいます。味付けは醤油味で、スパイス、


香辛料で味を調えています。是非看板メニューの取り入れて


頂きたい商品と考えて居ります。御購入の程宜しくお願い致します。


 


 

単価:3,888円/kg

3,888円/1kg (税込)

日本産 有償サンプル 冷蔵 みちごや食品

国産牛焼きホルモン醤油味

国産牛ホルモン / 部位は盲腸に成ります。 


醤油味付き国産牛焼きホルモンです。


再度、御発注時に要望が御座いましたら


カット・味付け無しで出荷させて頂き、別紙に


調理方法 等の説明させて頂きたく思います。


数種類のレシピが増えると思います。是非ご利用下さい。


 

単価:4,320円/kg

4,320円/1kg (税込)

兵庫県産 オリジナル 送料無料 ブランド食材 小ロッド販売 冷凍 明石だこ専門店

明石ダコのやわらか煮(足のみ) 

■兵庫県の特産品(平成28年度五つ星ひょうご」に認定


■兵庫が誇る日本一のタコそれが「明石タコ」
プリッとした食感と噛めば噛むほどに旨みがひろが
ります! なぜ「明石タコ」が美味しいのか。
それは明石海峡の激しい潮流にもまれて育つので身
が締まって「明石のタコは立って歩く!」と言われ
るぐらい足が太短く弾力がつくからです。
そして豊富な餌。明石海峡は稚ガニの宝庫そのカニ
やエビを毎日食べているからなのです。

その明石タコの中で最も美味しいと言われている
二見沖産の真蛸を使用!

昼に水揚げされた刺身でも食べられる新鮮な真蛸を
使用しています。

蛸の歯ごたえを絶妙に残しながらこだわりの調味料と
製法でじっくり丁寧に調理しています。
明石蛸でしか味わえない旨味をお楽しみ下さい。


■冷凍庫から冷蔵庫にうつして解凍してからお使い下さい。


■美味しさの秘密
(1) 当社の直営キッチン工房で造られております。
(2) 昼に水揚げされた明石の天然真蛸の小サイズ(100~300g)を、すぐに下処理の後、ゆで蛸にします。つまり、刺身でも食べられる新鮮な真蛸を使用しています。
(3) ゆで蛸にした後、清潔な真空パックに詰めて、急速冷凍致します。
(4) ベテランの職人が付きっきりで作業をしています。

単価:7,000円/kg

7,000円/1.0kg (税込)

オーストラリア産 格安 冷凍 Starfive

ボイル 牛すじ 角切り

オーストラリア原料の牛すじボイルカットです。硬いアキレスは入っておりません。こだわりのおでんやカレー等に最適です。
※外箱はリサイクル箱を使用致します。
------------------------------
 
ご注文については、一ヶ月先の納品日まで
受け賜り致します。

またご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

単価:1,480円/kg

1,480円/1kg (税込)