よく検索されるワード

全てのジャンル

惣菜・調理品市場

検索結果 127件中 1〜 100の表示

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:その他 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

島根県産 オススメ 限定品 オリジナル 送料無料 小ロッド販売 常温 真砂産業株式会社

送料無料【島根県益田市特産】自然薯とむかごの炊き込みご飯の素 1パック2合用×5

栄養豊かで「山菜の王者」と言われる 自然薯と、自然薯の香りと旨味が凝縮された むかご(自然薯のツルの途中にできる球芽)を贅沢に使った炊き込みご飯の素です。


ホクホクとした食感と、滋養豊かで、香り高い「炊き込みご飯の王者」です。


通常の水加減で炊いていただけます。

単価:440円/100g

2,860円/650g (税込)

島根県産 オススメ 限定品 オリジナル 送料無料 小ロッド販売 常温 真砂産業株式会社

送料無料【島根県益田市特産】自然薯とむかごの炊き込みご飯の素 1パック2合用

栄養豊かで「山菜の王者」と言われる 自然薯と、自然薯の香りと旨味が凝縮された むかご(自然薯のツルの途中にできる球芽)を贅沢に使った炊き込みご飯の素です。


ホクホクとした食感と、滋養豊かで、香り高い「炊き込みご飯の王者」です。


通常の水加減で炊いていただけます。

単価:584円/100g

760円/130g (税込)

その他産 冷凍 株式会社 はく刻

真空バラチャーシュー 角切り 14k

シートベリーを1/2にカット後 横に1/4でたれを入れて真空で調理しております。こちらは、和食さんの角煮などで下ごしらえ程度の処理をしているものとお考え下さい。もちろん解凍だけでも召し上がることは可能です。豚肉の原産地は、スペイン産・カナダ産などの輸入豚です。

単価:1,382円/kg

19,348円/14kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:275円/100g

825円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,650円/kg

2,650円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,500円/kg

12,500円/5kg (税込)

【お試し食べ比べ3種セット】【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ・ハラミ・カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:460円/100g

1,380円/300g (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

昆布〆まふぐ刺身(山口県下関天然)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 19cm 30g

山口県の沖で獲れた、天然真ふぐ(まふぐ)のふぐ刺しセットです。
ふぐに豊富やアミノ酸やイノシン酸と相性の良い「昆布〆」にすることでうまみの相乗効果を引き出しました。しとやかな食感とまろやかな味わい。地元のふぐ関係者の間では、ふぐの王様とらふぐに対し、真ふぐはふぐの女王とも呼ばれています。農林水産大臣賞を受賞した昆布〆刺身3-4人前と同じお刺身となります

単価:2,857円/kg

5,714円/2kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

昆布〆まふぐ刺身(山口県下関天然)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 22cm 40g

山口県の沖で獲れた、天然真ふぐ(まふぐ)のふぐ刺しセットです。
ふぐに豊富やアミノ酸やイノシン酸と相性の良い「昆布〆」にすることでうまみの相乗効果を引き出しました。しとやかな食感とまろやかな味わい。地元のふぐ関係者の間では、ふぐの王様とらふぐに対し、真ふぐはふぐの女王とも呼ばれています。農林水産大臣賞を受賞した昆布〆刺身3-4人前と同じお刺身となります

単価:3,142円/kg

7,857円/2.5kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

とらふぐ皮(国産養殖)きざみネギ/もみじおろし/ポンズ入り 40g×30

とらふぐ皮は、本皮100%。俗にいう”とうとうみ”のみを使用しております。
外皮の小棘(しゃみ皮)をそいだものをやわらかくしたものではありません。
小棘をそぎ取ったあとの、本皮と内皮をだけを沸騰した湯でゆで上げ、氷水にさらします。
とらふぐの皮はコラーゲンのかたまり。こりこりとした弾力ある食感が楽しめます。

単価:892円/kg

10,714円/12kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

とらふぐちり(国産養殖)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 200g×20

ふぐの中でも随一な「とらふぐ」は、アラから出る”だし”も旨味が違います。
・本格的な味がにじみ出る「頭」
・筋肉質で旨い!通にはたまらない「かま(胸部筋肉部分)」
・筋肉とぷるぷるコラーゲンを含む「口」
・これぞ醍醐味、肉厚にカットした「切り身」
ふぐの王様「とらふぐ」の贅沢なちり鍋をご堪能ください。
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:10,214円/kg

40,857円/4kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

とらふぐ干ひれ(国産養殖) 約20枚 20g×30

「とらふぐ干しひれ」:国産とらふぐの干しひれです。より強くひれの香りがします。フライパンやトースターでじっくり炙ってお酒にお入れ下さい。
「とらふぐ焼きひれ」:国産とらふぐの焼きひれです。遠赤外線熱でこんがりと焙焼済みですのでそのままお酒に入れて手軽に楽しめます。

単価:3,092円/kg

18,557円/6kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

まふぐちり(山口県下関天然)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 200g×20

「まふぐ」はふぐの女王とも言われ、とらふぐにはひけをとりますがほどよい歯ごたえとほのかな旨味が特徴です。とらふぐに比べると手頃な価格で天然ふぐをご賞味頂けるとあって、県内ではブランド推進も行われています。まふぐはその個体差により飴色掛かっている場合がございます。
1) 地元山口県沖で獲れた、良鮮度の真ふぐを素早く処理!
2) 三枚おろしで骨がない、ボリュームのある切り身!
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。

弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:5,428円/kg

21,714円/4kg (税込)

山口県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

まふぐちり(山口県下関天然)鍋のだしの素/もみじおろし/ポンズ入り 300g×20

「まふぐ」はふぐの女王とも言われ、とらふぐにはひけをとりますがほどよい歯ごたえとほのかな旨味が特徴です。とらふぐに比べると手頃な価格で天然ふぐをご賞味頂けるとあって、県内ではブランド推進も行われています。まふぐはその個体差により飴色掛かっている場合がございます。
1) 地元山口県沖で獲れた、良鮮度の真ふぐを素早く処理!
2) 三枚おろしで骨がない、ボリュームのある切り身!
オリジナル鍋だしの素付き:国産とらふぐのちり鍋を引き立てる鍋用出汁で、料亭の味をご家庭でお手軽にお楽しみいただけます。

弊社でさばいたとらふぐのあら骨を煮込んで抽出した鍋出しの素は、ふぐ鍋はもちろん他の魚介鍋にもよく合います。

単価:5,428円/kg

32,571円/6kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【長崎県】活鯛の新鮮丼 80g(鯛:50g/タレ:30g)×50

世界で最も美しい湾クラブに加盟した長崎県佐世保市の九十九島!そこで育てられた鮮度抜群な養殖の活鯛を使用しています。

当店秘伝のタレに漬け込んだあと、タレが染み込みすぎる前にマイナス60℃で急速に凍結することで、うまみをぎゅっと閉じ込めています。

単価:4,975円/kg

19,900円/4kg (税込)

大分県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【大分県津久見】百年続く漁師めし!!ひゅうが丼 120g×10P

100年愛されるマグロ漁師の味。地元津久見のソウルフード「ひゅうが丼」。それぞれの家庭にそれぞれの味がある。元マグロ漁師だった弊社創業家に伝わる味を実現。ゴマの風味香り、独特の甘めの醤油タレがごはんに合う一品。流水解凍3分で簡単に食べられる。

単価:3,469円/kg

39,900円/11.5kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご漁師漬け 8尾×10P×30

朝捕れしたきびなごを手作業でひらいて家伝醤油に漬けこんだ漁師漬け、鮮度の証、 きびなごがルビー色に透き通っています。
中に霧島の有村製茶が入っているので 薬味と一緒にお茶漬けで味わって下さい。
このきびなごは酒の肴に最高、きゅうりに わさびを添えてきびなごと一緒に海苔でまいて食べて下さい。お酒に最高です。
また、 ワイン好きに必見、クラッカーにクリームチーズ、きびなご、ワサビの順でのせたら ものすごくワインに合います。

単価:44,000円/kg

66,000円/1.5kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご塩干 100g×30

キビナゴ塩干は、漁師だからできる一番良い鮮度のキビナゴを持ち帰り、甑海洋深層塩水で漬け込みます。わざわざ甑海洋深層水を濃縮してもらい、その中に新鮮なキビナゴを漬け込みます。時期、魚体により漬け込み時間を変えて味のばらつきがないようにしています。また、甑海洋深層塩水を冷蔵保存しているためキビナゴを漬け込む際に急激な劣化を防いでいます。このきびなごを島の太陽と島風で海辺天日一日仕上げにしています。一度食べてみて下さい。

単価:3,640円/kg

10,920円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご塩干 1kg×20

キビナゴ塩干は、漁師だからできる一番良い鮮度のキビナゴを持ち帰り、甑海洋深層塩水で漬け込みます。わざわざ甑海洋深層水を濃縮してもらい、その中に新鮮なキビナゴを漬け込みます。時期、魚体により漬け込み時間を変えて味のばらつきがないようにしています。また、甑海洋深層塩水を冷蔵保存しているためキビナゴを漬け込む際に急激な劣化を防いでいます。このきびなごを島の太陽と島風で海辺天日一日仕上げにしています。一度食べてみて下さい。

単価:2,410円/kg

48,200円/20kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなごから揚げ 100g×30

朝捕れしたキビナゴを選別したのち、甑海洋深層塩水8%に漬け込み澱粉でころもをつけたシンプルで素材の味がわかる唐揚です。甑海洋深層塩水に漬け込むことで腸の苦みが軽減され、旨みが増します。
塩味だけなので南蛮漬けにも最適です。
流水解凍でそのまま揚げて戴くだけです。

単価:2,186円/kg

6,560円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなごから揚げ 1kg×20

朝捕れしたキビナゴを選別したのち、甑海洋深層塩水8%に漬け込み澱粉でころもをつけたシンプルで素材の味がわかる唐揚です。甑海洋深層塩水に漬け込むことで腸の苦みが軽減され、旨みが増します。
塩味だけなので南蛮漬けにも最適です。
流水解凍でそのまま揚げて戴くだけです。

単価:1,462円/kg

29,250円/20kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご冷凍 100g×30

きびなごの旬は年に3回あります。まず1番目に5月・6月産卵時期の子持ちきびなごです。お腹の中に白子か卵が入っています。この時期は塩焼き・てんぷらがおすすめです。2番目に11月・12月のきびなごです。寒が入っりすべての魚が美味しくなるこの時期、きびなごの骨もやわらかく頭だけ取って刺身がお勧めです。プウ(しゃぶしゃぶや)やから揚げもおすすめです。3番目に1月・2月・3月です、産卵に向けてきびなごはいっぱい餌を食べて脂がのってきます。塩焼き・煮つけ・てんぷらがお勧めです。

きびなごはカルシウム、ビタミンDが多く含まれていることが分かりました。カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDは脂溶性ビタミンなので油脂と同時に食べるとよいです。
バランス良く含まれるEPA、DHAは不飽和脂肪酸の一種で、どちらも健康維持のために大切な成分。体内では作り出すことのできない失須脂肪酸でもあるので、外から補う必要があります。

単価:1,713円/kg

5,140円/3kg (税込)

鹿児島県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【甑島産】天然きびなご冷凍 1kg×20

きびなごの旬は年に3回あります。まず1番目に5月・6月産卵時期の子持ちきびなごです。お腹の中に白子か卵が入っています。この時期は塩焼き・てんぷらがおすすめです。2番目に11月・12月のきびなごです。寒が入っりすべての魚が美味しくなるこの時期、きびなごの骨もやわらかく頭だけ取って刺身がお勧めです。プウ(しゃぶしゃぶや)やから揚げもおすすめです。3番目に1月・2月・3月です、産卵に向けてきびなごはいっぱい餌を食べて脂がのってきます。塩焼き・煮つけ・てんぷらがお勧めです。

きびなごはカルシウム、ビタミンDが多く含まれていることが分かりました。カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDは脂溶性ビタミンなので油脂と同時に食べるとよいです。
バランス良く含まれるEPA、DHAは不飽和脂肪酸の一種で、どちらも健康維持のために大切な成分。体内では作り出すことのできない失須脂肪酸でもあるので、外から補う必要があります。

単価:1,312円/kg

26,250円/20kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 冷凍 mothers store

【長崎県】活ぶりの新鮮丼 80g(ぶり:50g/タレ:30g)×50

世界で最も美しい湾クラブに加盟した長崎県佐世保市の九十九島!そこで育てられた鮮度抜群な養殖の活ぶりを使用しています。

当店秘伝のタレに漬け込んだあと、タレが染み込みすぎる前にマイナス60℃で急速に凍結することで、うまみをぎゅっと閉じ込めています。

単価:4,975円/kg

19,900円/4kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

華漣のオリーブオイル漬け 100g×15

やわらかさそのままに華連(小長井町産牡蠣)を瓶に閉じ込めました。パスタに混ぜたり、パンにのせたり、いろいろな料理に使えます。

単価:11,200円/kg

16,800円/1.5kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のくんせい 40g×50

スモークチーズのような濃厚さと牡蠣の旨味が凝縮した味わいです。そのままでも美味しいですが、スライスするとよりいっそう美味しくいただけます。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のしぐれ煮 50g×50

牡蠣の食感を残し甘辛く炊き上げました。あつあつのご飯にかけて食べると◎です。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

長崎県産 NEW オススメ オリジナル ブランド食材 常温 mothers store

牡蠣のオイル漬け 50g×50

やわらかくて牡蠣の風味が楽しめます。パスタに混ぜたり、パンにのせたり、そのままでも美味しい。

単価:14,000円/kg

28,000円/2kg (税込)

日本産 有償サンプル 冷蔵 みちごや食品

超特価・下処理済み国産牛ホルモンサンプル 8商品

国産牛ホルモン盲腸・国産牛ホルモンハチノス・国産牛ホルモン大腸・


国産牛ホルモンギャラ芯・国産牛ホルモンフク・国産牛ホルモン千枚・


国産牛ホルモンみの・国産牛ホルモン直腸 の 8種類に成ります。


レシピは商品と一緒に箱の中に入れて、発送いたします。


作った事の無いレシピが数種類有ると思います。


サンプル商品に付き 1店舗又は 1家族 1回限りのサンプルと


させて頂きます。御了承の程宜しくお願い致します。

単価:3,240円/kg

3,240円/1kg (税込)

日本産 有償サンプル 冷蔵 みちごや食品

国産豚角煮

国産豚バラ肉又は国産豚ロース肉を圧力鍋で煮込みました。


箸で切れる位煮込んでいます。味付けは醤油味で、スパイス、


香辛料で味を調えています。是非看板メニューの取り入れて


頂きたい商品と考えて居ります。御購入の程宜しくお願い致します。


 


 

単価:3,888円/kg

3,888円/1kg (税込)

【あっさりとんこつの液体スープ付、食べきり1食タイプ】沖縄そば生麺1食 あっさりとんこつスープ

良質の小麦粉をブレンドして仕上げました。
また、歯ごたえもよくストレート麺にもかかわらずスープがよくからみます。

ベースにポークガラスープを使用し、
化学調味料を極力抑えて上品な旨みとコクのある味に仕上げております。

単価:19円/kg

298円/015kg (税込)

【こってりかつおの液体スープ付、食べきり1食タイプ】宮古そば生麺1食 こってりかつおスープ

良質の小麦粉をブレンドして仕上げました。
また、歯ごたえもよくストレート麺にもかかわらずスープがよくからみます。

ベースにしょうゆとかつお節を使用し、
ポークガラスープで味にコクをつけ、上品な旨みとコクのある味です。

単価:198円/100g

298円/150g (税込)

【あっさりかつおの液体スープ付、食べきり1食タイプ】八重山そば生麺1食 あっさりかつおスープ

良質の小麦粉をブレンドして仕上げました。
また、歯ごたえもよくストレート麺にもかかわらずスープがよくからみます。

とんこつタイプに比べ、脂分が少なく低カロリー。さっぱりとしたかつお醤油味です。

単価:198円/100g

298円/150g (税込)

【沖縄・宮古・八重山それぞれ味の違う本格スープ付】沖縄ご当地三大そば ソーキ・三枚肉付

沖縄の誇るご当地3大そば 沖縄、宮古、八重山そばがセットになりました。

スープも3種類それぞれの味の違う液体スープで、
肉は沖縄、八重山そばは軟骨ソーキ肉、宮古そばには三枚肉を添付しております。

沖縄そばの味が一度に味わえる、おすすめの御土産です。

単価:324円/100g

1,620円/500g (税込)

日本産 NEW オススメ 格安 オリジナル 冷凍 べんがら

【大容量】佐賀牛コロッケ1袋(14個入り)×6袋/計84個

玉ねぎの自然な甘みと佐賀牛の旨味が合わさり、ソースなしでそのまま美味しい事が魅力です。


衣はサクサク!中はとろとろのコロッケです。


少し甘めな味付けなので老若男女問わず愛される味です。


 

単価:1,535円/kg

14,280円/9.3kg (税込)

日本産 オリジナル 冷蔵 中村鮮魚店

【厳選した生鰹の藁焼きタタキ・オイル漬け】ごちそう鰹ツナ(辛口)1kgパック

【商品のこだわり】
鰹や鮪のオイル漬けはあれど、
藁焼きタタキのオイル漬けはあまり類を見ない商品です。

藁焼きにする事で香り高い藁の薫香が口に広がり、
鰹の旨味とオイル漬けのジューシーさでお酒が進みます。

使用する鰹は高知の魚市場で揚がる県内外の鰹を
厳選して仕入れ、冷凍物は使用せず
生の鰹のまま藁焼きタタキにした後、
旨味を逃さぬよう真空調理法を用いて
一つ一つ丁寧に手作業で仕上げています。

着色料・添加物は不使用なのでお子様でも
安心してお召し上がり頂けます。


【食べ方】
まずはシンプルにそのままお召し上がり下さい。
オススメはパスタです。
茹で上げて和えるだけなので難しい調理は必要ありません。
その他サラダ、炒飯、サンドウィッチ、
鰹の旨味が溶け込んだオイルと身を加熱して
アヒージョ等もオススメです。
残ったオイルは香味油としてスープや
ラーメン等の香り付けにご使用頂けます。

単価:3,240円/kg

3,240円/1kg (税込)

日本産 オリジナル 冷蔵 中村鮮魚店

【厳選した生鰹の藁焼きタタキ・オイル漬け】ごちそう鰹ツナ(プレーン)500gパック

【商品のこだわり】
鰹や鮪のオイル漬けはあれど、
藁焼きタタキのオイル漬けはあまり類を見ない商品です。

藁焼きにする事で香り高い藁の薫香が口に広がり、
鰹の旨味とオイル漬けのジューシーさでお酒が進みます。

使用する鰹は高知の魚市場で揚がる県内外の鰹を
厳選して仕入れ、冷凍物は使用せず
生の鰹のまま藁焼きタタキにした後、
旨味を逃さぬよう真空調理法を用いて
一つ一つ丁寧に手作業で仕上げています。

着色料・添加物は不使用なのでお子様でも
安心してお召し上がり頂けます。


【食べ方】
まずはシンプルにそのままお召し上がり下さい。
オススメはパスタです。
茹で上げて和えるだけなので難しい調理は必要ありません。
その他サラダ、炒飯、サンドウィッチ、
鰹の旨味が溶け込んだオイルと身を加熱して
アヒージョ等もオススメです。
残ったオイルは香味油としてスープや
ラーメン等の香り付けにご使用頂けます。

単価:360円/100g

1,800円/500g (税込)

日本産 オリジナル 冷蔵 中村鮮魚店

【厳選した生鰹の藁焼きタタキ・オイル漬け】ごちそう鰹ツナ(プレーン)1kgパック

【商品のこだわり】
鰹や鮪のオイル漬けはあれど、
藁焼きタタキのオイル漬けはあまり類を見ない商品です。

藁焼きにする事で香り高い藁の薫香が口に広がり、
鰹の旨味とオイル漬けのジューシーさでお酒が進みます。

使用する鰹は高知の魚市場で揚がる県内外の鰹を
厳選して仕入れ、冷凍物は使用せず
生の鰹のまま藁焼きタタキにした後、
旨味を逃さぬよう真空調理法を用いて
一つ一つ丁寧に手作業で仕上げています。

着色料・添加物は不使用なのでお子様でも
安心してお召し上がり頂けます。


【食べ方】
まずはシンプルにそのままお召し上がり下さい。
オススメはパスタです。
茹で上げて和えるだけなので難しい調理は必要ありません。
その他サラダ、炒飯、サンドウィッチ、
鰹の旨味が溶け込んだオイルと身を加熱して
アヒージョ等もオススメです。
残ったオイルは香味油としてスープや
ラーメン等の香り付けにご使用頂けます。

単価:3,240円/kg

3,240円/1kg (税込)

日本産 オリジナル 冷蔵 中村鮮魚店

【厳選した生鰹の藁焼きタタキ・オイル漬け】ごちそう鰹ツナ(辛口)500gパック

【商品のこだわり】
鰹や鮪のオイル漬けはあれど、
藁焼きタタキのオイル漬けはあまり類を見ない商品です。

藁焼きにする事で香り高い藁の薫香が口に広がり、
鰹の旨味とオイル漬けのジューシーさでお酒が進みます。

使用する鰹は高知の魚市場で揚がる県内外の鰹を
厳選して仕入れ、冷凍物は使用せず
生の鰹のまま藁焼きタタキにした後、
旨味を逃さぬよう真空調理法を用いて
一つ一つ丁寧に手作業で仕上げています。

着色料・添加物は不使用なのでお子様でも
安心してお召し上がり頂けます。


【食べ方】
まずはシンプルにそのままお召し上がり下さい。
オススメはパスタです。
茹で上げて和えるだけなので難しい調理は必要ありません。
その他サラダ、炒飯、サンドウィッチ、
鰹の旨味が溶け込んだオイルと身を加熱して
アヒージョ等もオススメです。
残ったオイルは香味油としてスープや
ラーメン等の香り付けにご使用頂けます。

単価:360円/100g

1,800円/500g (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 1.7k up

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:6,176円/kg

10,500円/1.7kg (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 1.5k up

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:6,400円/kg

9,600円/1.5kg (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 1.2k~1.3k

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:4,676円/kg

6,080円/1.3kg (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 500g~600g

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:469円/100g

2,580円/550g (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 600g~700g

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:446円/100g

2,900円/650g (税込)

兵庫県産 オススメ 冷蔵 なにわくいだおれ本舗

天然真鯛 炭火焼 900g~1k

海産物の宝庫、淡路島・明石海域で水揚げされた、新鮮な天然の真鯛を仕入れ、『赤穂の天然塩』と『備長炭』を使用し、当店にて丁寧に焼き上げました。
お孫さん・お子様の入学祝いやお誕生日・お食い初めにとても喜んでいただいております。
また、お正月の睨み鯛にもご利用下さいませ。
なお、天然の鯛を使用している為、配達ご予定日より4日~1週間余裕を見ていただきお早目のご注文をお願いいたします。天然焼鯛の祝い鯛・にらみだい・おくいぞめにも・・・
天然真鯛を使用している為、サイズ等で入荷困難な場合は、後日ご連絡させていただくことがあります。梱包には、十分注意していますが、配送の衝撃等でヒレ等が欠ける事があります。 ご納得の上ご注文下さい。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

ka日本国産原料使用 リンゴバター

日本のTV放映多数のリンゴバター!

日本のTV放映多数のリンゴバター採れたて新鮮な信州産リンゴをたっぷり使いました。フレッシュバターの風味がたまりません、美味しいー!豚・牛・鶏肉など多様なソティーやローストのソースにも使って好評です。パンケーキにぬって食べると絶品です。

単価:1,620円/kg

7,776円/4.8kg (税込)

ki日本国産原料使用 さつまいもバター

パンやラスク、クラッカー等にぬって大好評です。

国産のさつまいもを使用しバターでまろやかにしっとりと仕上げました。さつまいもの風味とばたーのコクをお楽しみ下さい。パンやラスク、クラッカー等にぬって大好評です。

単価:1,408円/kg

4,860円/3.45kg (税込)

日本国内製造 塩レモンぽん酢

レモンの香りと塩の旨味でさっぱり、まろやかな味わい!

レモンの果肉を残し、手絞り風に致しました。レモンの香りと塩の旨味でさっぱり、まろやかな味わい!焼き魚・焼肉・鍋物・刺身・揚げ物・サラダなど、いろいろな料理に使えるおいしい塩ぽん酢です!!

単価:648円/kg

6,480円/10kg (税込)

ka日本国内製造 トマトオニオンスープ

風味深い味に仕上げました。

トマトとオニオンの粉末にバジルをあえて風味深い味に仕上げました。ティースプーン約杯に200ccの割合で希釈しよくかき混ぜてお召し上がり下さい。その他お好みの料理の調味料としてもお使いいただけます。

単価:1,472円/kg

9,720円/6.6kg (税込)

ki日本国産原料使用 黒糖生姜パウダー

料理やお菓子作りにご利用いただけます。

沖縄で育ったサトウキビから取れた原料を直火釜で丹念に煮詰めて国産のしょうがを混入した加工粉末黒糖です。お湯や紅茶に適量入れてしょうが湯として。「ヨーグルト」のお砂糖代わりに、料理やお菓子作りにご利用いただけます

単価:1,408円/kg

6,480円/4.6kg (税込)

ka日本国内製造 山くらげ

厳選した原料を独自の加工技術で製品化致しました。

一般的には山くらげは干して乾燥させたものを指す名称として使われています。一般的なレタスの栄養価と大きく違いはありません。山クラゲはレタスに近いアザミ科の中国野菜です。厳選した原料を独自の加工技術で製品化致しました。

単価:3,218円/kg

9,655円/3kg (税込)

ka日本国内製造 芋がら

心温まる郷土料理、伝統保存食をお楽しみください。

里芋の茎を干したものを「芋がら(いもがら)」とよび、昔からの伝統保存食で、シコシコとした食感の食材です。芋がらは、カルシウム、鉄分、食物繊維を多く含み、最近では、健康滋養食としても見直されています。心温まる郷土料理、伝統保存食をご家庭でお楽しみください。.

単価:4,022円/kg

9,655円/2.4kg (税込)