よく検索されるワード

全てのジャンル

生鮮(チルド)市場

検索結果 275件中 1〜 100の表示

  1. HOME
  2. 生鮮(チルド)市場

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:生鮮(チルド)市場 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

訳あり 活ベビーほたて 4K

・販売期間 2月10日~5月上旬

・2月、3月 1K:35枚前後

・4月、5月 1K:25枚前後

 

「訳あり」活ベビーほたて とは?

・耳吊り養殖にはちょっと小さい、貝が変形している等の貝ですが美味しくいただけます。

・酒蒸しにして頂くと絶品です。

単価:370円/kg

1,480円/4kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

訳あり 活ベビーほたて 6K

・販売期間 2月4日~5月上旬

・2月、3月 1K:35枚前後

・4月、5月 1K:25枚前後

 

「訳あり」活ベビーほたて とは?

・耳吊り養殖にはちょっと小さい、貝が変形している等の貝ですが美味しくいただけます。

・酒蒸しにして頂くと絶品です。

単価:360円/kg

2,160円/6kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

訳あり 活ベビーほたて 13K

・販売期間 2月4日~5月上旬

・2月、3月 1K:35枚前後

・4月、5月 1K:25枚前後

 

「訳あり」活ベビーほたて とは?

・耳吊り養殖にはちょっと小さい、貝が変形している等の貝ですが美味しくいただけます。

・酒蒸しにして頂くと絶品です。

単価:320円/kg

4,160円/13kg (税込)

青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Mサイズ 2.5kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 

単価:650円/kg

1,625円/2.5kg (税込)

青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Mサイズ 4kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 

単価:600円/kg

2,400円/4kg (税込)

青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Mサイズ 6kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:590円/kg

3,540円/6kg (税込)

青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Mサイズ 8kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:580円/kg

4,640円/8kg (税込)

青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Mサイズ 13kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:560円/kg

7,280円/13kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Lサイズ 13kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:660円/kg

8,580円/13kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Lサイズ 8kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:680円/kg

5,440円/8kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Lサイズ 6kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:690円/kg

4,140円/6kg (税込)

品切れ 青森県産 NEW 限定品 冷蔵 活ほたて本舗

活 ほたて Lサイズ 4kgロット


◆甘み抜群!肉厚でプリップリ!
◆やわらかな舌触りと上品な甘さ!!

漁師直送の鮮度・味をぜひ、御社のメニューに!!

〇活ほたての旬はとは…
実は年中おいしくお召し上がりいただけます。
ただ…特に春から夏にかけては貝柱の厚みがさらに増してうまみが濃厚に!!!


 


 

単価:700円/kg

2,800円/4kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《ウデ》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  ウデ肉について

ウデ肉は前足部分のお肉です。肉質は若干固く、繊維が入り組んでいるため、切り落としやこま肉にスライスされることが多いです。ただし味はもっとも良い部位です。野菜炒めや、豚汁、焼きそばにつかうとよく合います。

単価:756円/kg

4,158円/5.5kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《モモ》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  モモ肉について

豚モモはうす切り、一口カツ、煮豚など、様々な用途にご利用いただけます。ウチモモ、ソトモモ、その他(ランプ+シンタマ)全てが含まれるセット商品となりますので、ウチモモは一口カツ用・煮込み用、ソトモモはうす切り用・煮込み用、その他は切り落とし用・煮込み用、などとして頂けるかと思います。

単価:777円/kg

5,439円/7kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《ロース》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  ロース肉について

ロースは大きくフォア・ミドル・エンドに分かれます。フォアはロース芯にロースカブリと呼ばれるすこし固めのお肉が付いています。牛肉でゆうとちょうどリブロースにあたります。脂が多いようにみえるので、敬遠されるお客様も多いのですが、とんかつや厚切りステーキにすると、やわらかくコクのある料理になります。ミドルロインはもっともポピュラーなロースです。うす切り、しゃぶしゃぶ用、とんかつ用など何でも合います。やわらかいのですが、味が単調になりがちです。エンドは、モモ肉との境目です。すこし筋目があるので、うす切りか切り落としに使えます。

鹿児島黒豚しゃぶしゃぶを食べると価値観が変わるほどの旨みを味わうことが出来るとも言われます。また、豚肉によくある臭みがありません。とんかつやステーキでもかたくならず、柔らかさは圧倒的で旨みも違います。(※成分的に証明されています)また、脂部分もあまみのある旨みを感じることが出来ます。

単価:1,770円/kg

7,965円/4.5kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《バラ》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  バラ肉について

濃厚な脂身が特徴の部位で、やわらかく旨味が多い部材です。また脂肪分が多いためカロリーは高いが、ビタミンB、ナイアシン、タンパク質、亜鉛などの栄養素を多く含んでいます。角煮やカレー、しゃぶしゃぶ、肉じゃが、炒め物など幅広くお使いいただけます。

単価:1,670円/kg

7,515円/4.5kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《肩ロース》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  肩ロース肉について

肩ロースは、ロースよりも若干固めなのですが、味の濃さはロースよりも強いです。厚切り肩ロースで、ソテーやカツをするのが、豚肉好きの醍醐味ですが、チャーシューや煮豚にもお使いいただけます。

単価:1,670円/kg

4,175円/2.5kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 冷蔵 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《ヒレ》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  ヒレ肉について

【きめ細やかでとっても柔らか♪豚肉の中でも最も希少な最高級赤身肉です!】

「ヒレ」は背骨の内側についている左右一本ずつしか取れない希少部位です。脂身がほとんどなく、その肉質はきめ細やかでとっても柔らか。一般的なヒレ肉ですと淡白ですが、黒豚なので甘みが濃厚なのでが特徴です。また豚肉の中でもビタミンB1が一番多く含まれています。

ヒレカツに最適です!

単価:2,000円/kg

5,000円/2.5kg (税込)

鹿児島県産 不定貫商品 NEW オススメ 格安 ブランド食材 小ロッド販売 冷凍 有限会社菊永ミート

【本場 黒豚専門店】極上 かごしま黒豚《バラ 4mmスライス 焼き肉用》

豚アイコン  至極の銘柄
「かごしま黒豚」

豚の品種としては、バークシャー種やヨークシャー種、ランドレース種、デュロック種、ハンプシャー種などがありますが、この中で現在、日本で「黒豚」という品種名を付けて肉を販売できるのは、バークシャー種のみ。このバークシャー純粋種は、繊細かつキメの細かい緻密な肉質とジューシーな味わいが特徴です。「黒豚」と付けて売られている豚肉がおいしいのもうなずけます。その「黒豚」の肥育がもっとも盛ん、かつ有名なのは鹿児島県でしょう。その歴史は古く、400年にもなります。また「鹿児島黒豚」は全体が黒毛というわけではなく、四肢と鼻、しっぽの6ヵ所に白い部分があるのが特徴です。これこそ純粋バークシャー種の鹿児島黒豚にのみ許された本物の証。

かごしま黒豚は、中性糖やアミノ酸といった旨み成分が多く、融点が高いため脂のべとつきがなくさっぱりしているうえに、豚肉特融の臭みがないという特徴を持ちます。

弊社では契約農場から直接黒豚の仕入れをおこなっておりますので、ご満足いただける「価格」や「鮮度」を実現しております。

豚アイコン  バラスライス4mm

濃厚な脂身が特徴の部位で、やわらかく旨味が多い部材です。また脂肪分が多いためカロリーは高いが、ビタミンB、ナイアシン、タンパク質、亜鉛などの栄養素を多く含んでいます。

4mmスライスですので焼肉などにピッタリです。

単価:280円/100g

700円/250g (税込)

岐阜県産 不定貫商品 オススメ ブランド食材 冷蔵 食肉卸 開明フーズ

飛騨牛 4等級 ロース(半頭分 リブロース サーロイン)

【飛騨牛とは】

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。 山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品です。

【飛騨牛の歴史】

岐阜県では昭和20年代、田畑を耕す役割を兼ねた「役牛」として牛を飼育していました。30年代になると、農作業の機械化が進み「役牛」から肉用牛への転換が始まります。40年代には、肉質や増体に注目が集まり肉用としての改良がおこなわれるようになりました。この流れは日本全国で起こり、各県が改良の成果を競う場として和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」(通称:全共)が開催されるようになりました。

50年代、岐阜県内にはそれぞれの地域名がついた和牛が飼育されていましたが、統一の機運が高まり、県下総称して「岐阜牛」と呼ばれるようになります。

昭和56年、のちに“飛騨牛の父”と呼ばれ、ブランドの立役者となる「安福号」が兵庫県より導入され、その産子が次々と素晴らしい産肉成績を収めます。そして統一名称を「岐阜牛」から「飛騨牛」へと変更し銘柄を推進するため、当時「飛騨牛」の商標を取得していた㈱吉田ハムの全面的な協力を得て、昭和63年、飛騨牛銘柄推進協議会が設立されます。 ここから飛騨牛の歴史は始まりました。

【飛騨牛の現在】

近年では近畿東海北陸連合肉牛共進会においても連覇を達成しています。この共進会は松阪牛や神戸牛、近江牛などの名だたるブランド牛を擁する県が参加する大会で、平成24年度・25年度・平成27年度と最優秀枝肉賞(農林水産大臣賞)を受賞しています。

「安福」の血を引く「飛騨白清」をはじめ「白清85の3」「花清国」など数多くの種雄牛(父牛)が県内で活躍しており、飛騨牛ブランドの更なる発展に寄与しています。

また岐阜県は(公社)日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付において最高等級である5等級の発生率が全国平均をはるかに上回っており生産者の肥育技術の高さが際立ちます。

【飛騨牛 4等級 ロース(リブロース サーロイン)】

飛騨牛のリブロース・サーロインのセットとなります。

単価:7,400円/kg

185,000円/25kg (税込)

岐阜県産 不定貫商品 オススメ ブランド食材 冷蔵 食肉卸 開明フーズ

飛騨牛 4等級 ヒレ 1本

【飛騨牛とは】

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。 山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品です。

【飛騨牛の歴史】

岐阜県では昭和20年代、田畑を耕す役割を兼ねた「役牛」として牛を飼育していました。30年代になると、農作業の機械化が進み「役牛」から肉用牛への転換が始まります。40年代には、肉質や増体に注目が集まり肉用としての改良がおこなわれるようになりました。この流れは日本全国で起こり、各県が改良の成果を競う場として和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」(通称:全共)が開催されるようになりました。

50年代、岐阜県内にはそれぞれの地域名がついた和牛が飼育されていましたが、統一の機運が高まり、県下総称して「岐阜牛」と呼ばれるようになります。

昭和56年、のちに“飛騨牛の父”と呼ばれ、ブランドの立役者となる「安福号」が兵庫県より導入され、その産子が次々と素晴らしい産肉成績を収めます。そして統一名称を「岐阜牛」から「飛騨牛」へと変更し銘柄を推進するため、当時「飛騨牛」の商標を取得していた㈱吉田ハムの全面的な協力を得て、昭和63年、飛騨牛銘柄推進協議会が設立されます。 ここから飛騨牛の歴史は始まりました。

【飛騨牛の現在】

近年では近畿東海北陸連合肉牛共進会においても連覇を達成しています。この共進会は松阪牛や神戸牛、近江牛などの名だたるブランド牛を擁する県が参加する大会で、平成24年度・25年度・平成27年度と最優秀枝肉賞(農林水産大臣賞)を受賞しています。

「安福」の血を引く「飛騨白清」をはじめ「白清85の3」「花清国」など数多くの種雄牛(父牛)が県内で活躍しており、飛騨牛ブランドの更なる発展に寄与しています。

また岐阜県は(公社)日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付において最高等級である5等級の発生率が全国平均をはるかに上回っており生産者の肥育技術の高さが際立ちます。

【飛騨牛 4等級 ヒレ 1本】

飛騨牛のヒレ1本となります。最高級のもてなしが出来ます。品質◎

単価:12,420円/kg

55,890円/4.5kg (税込)

佐賀県産 NEW オススメ オリジナル 小ロッド販売 冷凍 ジビエ唐津

天然猪肉切り落とし 使いやすい300g×4パック 1.2kg 佐賀県産

◆内容量:猪肉(ロース、モモ、バラ、ウデなど混合)1.2kg
※スライス加工済み。300g毎に真空パック済み。
※生肉冷凍品です。冷凍クール便にて発送いたします。

 

唐津松浦の山野で生まれ育った天然猪(いのしし)肉の切り落としです。
ぼたん鍋の他、焼肉や炒め物など幅広くご利用いただけます。
猪肉にはビタミンB群、鉄分、亜鉛などの栄養素が豊富で、古来から滋養のある食べ物として食されてきました。
また、脂身はコラーゲンが豊富でサラッとしているため脂っこくなく、猪肉の醍醐味というべき旨味がたっぷり含まれています。

 

【おいしさのこだわり】
1.落ちた木の実などを食べ、自然のパワーをたっぷりと蓄えた50kg以上の成獣の肉のみを提供します。
2.12月から3月頃に捕獲した、脂がのって美味しい時期の猪肉のみを提供します。
3.猪の捕獲に鉄砲を使いません。全頭、古来から伝わる「足くくり罠」で生きたまま捕獲し、特別な方法で迅速に処理・加工します。そのため、野生肉に対して一般にイメージされるような獣臭さはほとんどなく、猪肉の本来の風味が味わえます。

単価:2,500円/kg

3,000円/1.2kg (税込)

佐賀県産 NEW オススメ オリジナル 小ロッド販売 冷凍 ジビエ唐津

天然猪肉スライス 使いやすい200g×6パック 1.2kg 佐賀県産

◆内容量:猪肉ロース、モモ、バラ 各400g
※スライス加工済み。200g毎に真空パック済み。
※生肉冷凍品です。冷凍クール便にて発送いたします。

 

唐津松浦の山野で生まれ育った天然猪(いのしし)肉の切り落としです。
ぼたん鍋の他、焼肉や炒め物など幅広くご利用いただけます。
猪肉にはビタミンB群、鉄分、亜鉛などの栄養素が豊富で、古来から滋養のある食べ物として食されてきました。
また、脂身はコラーゲンが豊富でサラッとしているため脂っこくなく、猪肉の醍醐味というべき旨味がたっぷり含まれています。

 

【おいしさのこだわり】
1.落ちた木の実などを食べ、自然のパワーをたっぷりと蓄えた50kg以上の成獣の肉のみを提供します。
2.12月から3月頃に捕獲した、脂がのって美味しい時期の猪肉のみを提供します。
3.猪の捕獲に鉄砲を使いません。全頭、古来から伝わる「足くくり罠」で生きたまま捕獲し、特別な方法で迅速に処理・加工します。そのため、野生肉に対して一般にイメージされるような獣臭さはほとんどなく、猪肉の本来の風味が味わえます。

単価:3,166円/kg

3,800円/1.2kg (税込)

佐賀県産 NEW オススメ オリジナル 小ロッド販売 冷凍 ジビエ唐津

天然猪の手作り生ハンバーグ 120g×10個 1.2kg 佐賀県産

◆内容量:猪肉生ハンバーグ 1.2kg
※2食(240g)毎に真空パック済み。
※生肉冷凍品です。冷凍クール便にて発送いたします。

 

唐津松浦の山野で生まれ育った天然猪(いのしし)肉をたっぷり使った手作りハンバーグです。
臭みがなく、しっかり脂の乗った猪肉をふんわりジューシーに味わえます。
猪肉にはビタミンB群、鉄分、亜鉛などの栄養素が豊富で、古来から滋養のある食べ物として食されてきました。
また、脂身はコラーゲンが豊富でサラッとしているため脂っこくなく、猪肉の醍醐味というべき旨味がたっぷり含まれています。

 

【おいしさのこだわり】
1.落ちた木の実などを食べ、自然のパワーをたっぷりと蓄えた50kg以上の成獣の肉のみを提供します。
2.12月から3月頃に捕獲した、脂がのって美味しい時期の猪肉のみを提供します。
3.猪の捕獲に鉄砲を使いません。全頭、古来から伝わる「足くくり罠」で生きたまま捕獲し、特別な方法で迅速に処理・加工します。そのため、野生肉に対して一般にイメージされるような獣臭さはほとんどなく、猪肉の本来の風味が味わえます。

単価:2,000円/kg

2,400円/1.2kg (税込)

佐賀県産 NEW オススメ オリジナル 小ロッド販売 冷凍 ジビエ唐津

天然猪ひき肉 使いやすい300g×4パック 1.2kg 佐賀県産

◆内容量:猪肉ミンチ 1.2kg
※300g毎に真空パック済み。
※生肉冷凍品です。冷凍クール便にて発送いたします。

 

唐津松浦の山野で生まれ育った天然猪(いのしし)肉です。
ハンバーグなどの定番料理に、いつものひき肉と同じようにご利用いただけます。
猪肉にはビタミンB群、鉄分、亜鉛などの栄養素が豊富で、古来から滋養のある食べ物として食されてきました。
また、脂身はコラーゲンが豊富でサラッとしているため脂っこくなく、猪肉の醍醐味というべき旨味がたっぷり含まれています。

 

【おいしさのこだわり】
1.落ちた木の実などを食べ、自然のパワーをたっぷりと蓄えた50kg以上の成獣の肉のみを提供します。
2.12月から3月頃に捕獲した、脂がのって美味しい時期の猪肉のみを提供します。
3.猪の捕獲に鉄砲を使いません。全頭、古来から伝わる「足くくり罠」で生きたまま捕獲し、特別な方法で迅速に処理・加工します。そのため、野生肉に対して一般にイメージされるような獣臭さはほとんどなく、猪肉の本来の風味が味わえます。

単価:2,000円/kg

2,400円/1.2kg (税込)

鹿児島県産 限定品 オリジナル 冷蔵 日本キジ養殖センター小倉

美味濃厚、山フグ 日本キジ オス窒息キジ冷蔵

【美味濃厚、山フグ 日本キジ オス窒息キジ冷蔵】

1kg以上の日本キジ オスを窒息させ、湯剥ぎ、中付き、冷蔵発送します。
10ヶ月~1年以上かけて濃厚な甘みと深みのあるお肉に仕上げました。
餌も拘りの自家配合と発酵飼料、野菜を豊富に与え、毎日研究を重ねた日本キジを是非。

単価:5,940円/kg

5,940円/1kg (税込)

鹿児島県産 限定品 オリジナル 冷蔵 日本キジ養殖センター小倉

美味濃厚、山フグ 日本キジ メス窒息キジ冷蔵

【美味濃厚、山フグ 日本キジ メス窒息キジ冷蔵】

750g以上の日本キジ メスを窒息させ、湯剥ぎ、中付き、冷蔵発送します。
狩猟でも食べることが出来ない貴重なメスです。
10ヶ月~1年以上かけて濃厚な甘みと深みのあるお肉に仕上げました。
餌も拘りの自家配合と発酵飼料、野菜を豊富に与え、毎日研究を重ねた日本キジを是非。

単価:792円/100g

5,940円/750g (税込)

オーストラリア産 冷凍 株式会社 はく刻

牛挽肉用 コマ切れ

牛ヒキザイです。ハンバーグなどに使うと安く価格を抑えられます。
挽肉用でもトリミングと違いステーキ用の物やバラや筋も混じっておりますが、赤身が多い商品です。
価格を抑えるため、国産豚と一緒に買われればハンバーグなどにするにはお勧めです。

単価:580円/kg

5,800円/10kg (税込)

日本産 冷凍 株式会社 はく刻

国産 豚小間切れ挽肉用 12k

豚肉の様々な部位が入っております。ロースや肩・腕・モモなど、時にはとんかつ用に使えそうなものなども入ります。大手の工場で、大量に作るため仕分けができない部分で価格の割に当たれば半分がとんかつ用だったりなどします。脂をトリミング時やスライスの時に出るもので、脂ばかりの事はあまりありません。あくまで挽肉用などと考えていただければお得です。
 

単価:486円/kg

5,832円/12kg (税込)

日本産 冷凍 株式会社 はく刻

国産豚ウイナー原料

豚肉のミンチ材料です。小肉でまとめてあり比較的に脂が少ないです。脂がたまに多い場合もありますが、色がきれいなので合挽などの色合い調整などに使っています。

単価:429円/kg

4,290円/10kg (税込)

岩手県産 限定品 格安 季節限定 冷蔵 広田湾漁師の会

(★7月~9月までの期間限定特価商品)【生食用】殻付き 牡蠣 大サイズ 20入

広田湾漁師の会が作る牡蠣

多くの牡蠣養殖は筏に吊るしての手法を取っていますが 私共は浮の付いたロープに吊るした独自の養殖技法で生産しております。親潮と黒潮により増殖したプランクトンと清流「気仙川」がもたらす食物プランクトンの豊富な汽水域が多くの魚介類を育むのはご承知の通りですが、汽水域のどの様な環境がより良い品質の牡蠣を育むかを考えた時に波風の影響を受け多くの酸素を含んだ水域が望ましいのです。

私共の養殖海域は地の利とも言うべき前述の地だったのですが、しかし台風、季節風により筏が破壊され筏での養殖技法では無理とされておりました。この困難を今日ではロープとフロート材の進歩により、かつてのような荒縄の切断のリスクからも逃れ、生産体制を組めるようになりました。

多くの養殖地の牡蠣に比べ私共の牡蠣は長みを帯びたふっくらとした牡蠣本来の形をしております。穏やかな入り江で育った牡蠣は丸みを持った形状が多いのですが内湾の新鮮な海域での牡蠣は私共の誇れる産品となっております。

私共のデメリット

・私共は牡蠣専業の生産者と漁を生業とする者で構成グループです。従って、海の変化と生産品についての厳しい目と基準をもって対応しておりますが、営業上のノウハウ、事務所類を含む手順等には疎いものがあります。

・私共のグループメンバー全員海に出ている時間帯があります。従って、船上でのシビアな作業、操業中には電話に出れない事があります。メールでの通信を最優先でお願い致します。

・私共の生産品は常に海中に有り、出荷予定品以外は陸上のプールには有りません。従いまして台風等の海面状況によっては出荷に遅延が生じます。通常は3~4日で発送が可能ですが休日を挟む場合を考慮し、余裕を持った注文をお願いいたします。

単価:650円/kg

3,250円/5.0kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】サーロインブロック

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


使い勝手の良い人気のサーロイン1本単位のブロックです。

単価:9,720円/kg

97,200円/10kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】リブロースブロック

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。
もっとも厚みのとれる部位、リブロース。 霜降りも入りやすく、適度な脂肪分と濃厚な旨み。ローストビーフ、ステーキに向いています。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。

単価:6,480円/kg

64,800円/10kg (税込)

宮崎県産 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】リブローススライス

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。 霜降りも入りやすく、適度な脂肪分と濃厚な旨み。ローストビーフ、ステーキに向いています。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


使い勝手の良い人気のリブローススライスです。

単価:14,040円/kg

14,040円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ロースセット

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


サーロイン、リブロースをお得なセットにしました。

単価:9,180円/kg

183,600円/20kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ブリスケット

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のブリスケット1本単位のブロックです。

単価:2,484円/kg

24,840円/10kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ランイチ

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のランイチ1本単位のブロックです。

単価:5,940円/kg

59,400円/10kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ランプ

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のランプ1本単位のブロックです。

単価:7,020円/kg

35,100円/5kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】イチボ

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のイチボ1本単位のブロックです。

単価:8,100円/kg

40,500円/5kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ヒレブロック

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


使い勝手の良い貴重な1本単位のヒレブロックです。

単価:14,040円/kg

42,120円/3kg (税込)

宮崎県産 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】サーロインブロック1kg

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


使い勝手の良い人気のサーロイン1kg単位の小割ブロックです。

単価:17,280円/kg

17,280円/1kg (税込)

宮崎県産 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ブリスケットスライス

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のブリスケット1本単位のブロックです。

単価:4,536円/kg

4,536円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚バラブロック

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:1,998円/kg

9,990円/5kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ミンチ

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,160円/kg

2,160円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ロース(生姜焼き用カット)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,354円/kg

2,354円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ロース(しゃぶしゃぶ用カット)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,398円/kg

2,398円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ヒレ(原体)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,160円/kg

2,160円/1kg (税込)

宮崎県産 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】クラシタローススライス(しゃぶしゃぶ/すき焼き用)

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。

単価:8,640円/kg

8,640円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】肩ロース(ネックなし)

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


使い勝手の良い人気の肩ロース、ネックなし1本単位のブロックです。

単価:4,968円/kg

99,360円/20kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】三角バラ

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


カルビの中で一番やわらかく、濃厚な味。使い勝手の良い1本単位の三角バラブロックです。

単価:5,400円/kg

16,200円/3kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚スペアリブブロック

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:1,820円/kg

1,820円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ロース(原体)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,300円/kg

2,300円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚バラスライス(しゃぶしゃぶ/焼肉用)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,214円/kg

2,214円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚こま(ウデ、もも)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:1,450円/kg

1,450円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ももスライス(肉巻き用)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:1,836円/kg

1,836円/1kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 NEW オススメ 限定品 冷蔵 有限会社新垣ミート

【送料無料、限定商品】宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ミスジ

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。
希少部位ミスジにおいても、和牛の場合サシが綺麗に入る事から、焼いてもパサパサ感の無いジューシーな焼肉が楽しめます。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


宮崎牛ミスジ一本原体、限定数の送料無料販売です!
不定貫商品のため、発送の準備が出来次第、正確な重量に基づいたご請求金額をご案内いたします。

単価:5,724円/kg

28,620円/5kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ロース(トンカツ用カット)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,376円/kg

2,376円/1kg (税込)

宮崎県産 NEW 冷凍 有限会社新垣ミート

宮崎県産・ぶどう豚ヒレ(一口カツ用カット)

宮崎県綾町で生産されている「ぶどう豚」は、綾町産ワインを作るときに出るポリフェノールたっぷりのぶどうの皮や種をエサにまぜて健康的に育ったおいしい豚です。そのおいしさと安全な品質から、全国の皆様に支持されています。おかげさまで2014年のふるさと納税では全国第1位に選ばれ一時はお届けが半年待ちになるほど大人気となりました。

単価:2,322円/kg

2,322円/1kg (税込)

北海道産 不定貫商品 残りわずか 格安 冷蔵 株式会社オーカワ

【北海道産】殻つきうに(ムラサキウニ)

色味・身入りの当たり外れ(殻をあけてみないとわかりませんので)がございますので、多少の数にはずれがあってもご容赦下さい。
また、輸送中に水が切れて、お手元に届く際には表示の総重量を切っております。ご了承の上ご注文下さい。


kg1728円です

単価:1,728円/kg

8,640円/5kg (税込)

品切れ 三重県産 NEW 残りわずか 限定品 格安 冷蔵 食肉卸 肉のふじた

【特選松阪牛】A5ランク11点モモスネ 現品のみ

1頭買いし解体、熟成させています。


6月20日まではチルドで販売、その後は真空パックしリキッドフリーザーにかけ熟成させています。


BMS11点、最高ランクの松阪牛モモスネです。


保証書同封します

単価:1,900円/kg

5,130円/2.7kg (税込)

【大阪の味】牛小腸 丁寧に作った「あぶらかす」

スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。

 

手間を暇かけてしっかり作ってます!

牛の腸を油で じっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味をしっかり凝縮しております。コラーゲンたっぷりで高たんぱく、低脂肪で女性にも大好評!ぜひお試しください!

単価:500円/100g

2,500円/500g (税込)

【大阪の味】牛小腸 丁寧に作った「あぶらかす」中ロット

スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。

 

手間を暇かけてしっかり作ってます!

牛の腸を油で じっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味をしっかり凝縮しております。コラーゲンたっぷりで高たんぱく、低脂肪で女性にも大好評!ぜひお試しください!

単価:4,700円/kg

4,700円/1kg (税込)

【大阪の味】牛小腸 丁寧に作った「あぶらかす」大ロット

スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。

 

手間を暇かけてしっかり作ってます!

牛の腸を油で じっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味をしっかり凝縮しております。コラーゲンたっぷりで高たんぱく、低脂肪で女性にも大好評!ぜひお試しください!

単価:4,300円/kg

12,900円/3kg (税込)

【大阪の味】貴重な馬の腸から丁寧につくった「あぶらかす」


スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。






貴重な馬の腸から丁寧につくってます!

貴重な馬の腸を、適当な大きさに切り、煮立てた貴重な馬油の中に入れかき混ぜながらじっくりと揚げ、腸の脂を絞り取って自然乾燥させております。脂カスは腸を大きな釜で煎る事により香ばしく味の濃縮された脂カスの出来上がり!…ですが、生の腸から脂カスになるまで約10分の1の量になります。


単価:500円/100g

2,500円/500g (税込)

【大阪の味】貴重な馬の腸から丁寧につくった「あぶらかす」中ロット


スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。






貴重な馬の腸から丁寧につくってます!

貴重な馬の腸を、適当な大きさに切り、煮立てた貴重な馬油の中に入れかき混ぜながらじっくりと揚げ、腸の脂を絞り取って自然乾燥させております。脂カスは腸を大きな釜で煎る事により香ばしく味の濃縮された脂カスの出来上がり!…ですが、生の腸から脂カスになるまで約10分の1の量になります。


単価:4,700円/kg

4,700円/1kg (税込)

【大阪の味】貴重な馬の腸から丁寧につくった「あぶらかす」大ロット


スーパーソウル調味料!あぶらかす!

イメージ 関西ではど定番の隠し味!「かすうどん」やら「にく吸い」は勿論の事、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても幅広く用いられています。栄養学的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富で、乾燥状態ではかなり固いですが、煮込むと非常にやわらかくなります。






貴重な馬の腸から丁寧につくってます!

貴重な馬の腸を、適当な大きさに切り、煮立てた貴重な馬油の中に入れかき混ぜながらじっくりと揚げ、腸の脂を絞り取って自然乾燥させております。脂カスは腸を大きな釜で煎る事により香ばしく味の濃縮された脂カスの出来上がり!…ですが、生の腸から脂カスになるまで約10分の1の量になります。


単価:4,300円/kg

12,900円/3kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:550円/100g

1,650円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,300円/kg

5,300円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)ハラミ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:5,000円/kg

25,000円/5kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:275円/100g

825円/300g (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 中ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,650円/kg

2,650円/1kg (税込)

【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)カッパ 大ロット

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:2,500円/kg

12,500円/5kg (税込)

【お試し食べ比べ3種セット】【伝統の技】さいぼし(馬の燻製)バラ・ハラミ・カッパ

見出し

食肉にまつわる悪い噂のホントのところ

イメージ 思わず増すばかりの食欲とともに、旨味を増していく秋冬の食材たち。

ついつい食べ過ぎてしまう年末年始のシーズンこそ、体力をしっかりつけるためにも肉は欠かせない。とはいえ、牛肉や豚肉は食べ過ぎると体に悪いというイメージが強いもの。発癌リスクや家畜の科学的汚染問題など、学術的にもそれはあながち間違っていないけど、それじゃ安心して食べれてヘルシーかつ栄養豊富な“スーパーミート”なんて、果たしてあるんだろうか?

肉食ライフが体に悪いという科学的根拠も

イメージ 肉を食べると体に悪いとされる大きな要因は、脂分とカロリー。しかし科学的に牛肉や豚肉が体に悪い根拠は他にもたくさんあるらしい。

例えば、米・ハーバード大学の研究によると、牛肉や豚肉の赤身肉を食べ続けることで死亡リスクが13%以上増加するとか。過剰に摂取された牛肉や豚肉は胃腸で分解も吸収もされず、腸内で腐敗して様々な毒素を作り出し、細胞内DNAの破壊や免疫低下、リンパ球・白血球の減少による免疫低下、さらには癌リスクが上がってしまうという研究結果も見られると言う。

食肉リスクの救世主・馬肉

イメージ それでは、健康被害のリスクが低くて栄養価の高い食肉はないものかと調べてみると…ダントツにグッドバランスなお肉を発見!それはズバリ、馬である。

馬肉は日本人にはまだ馴染みが薄いものの、欧州では昔から「太らない肉」として積極的に食されてきた歴史がある。馬肉の特徴を簡潔に言い表すと、高たんぱく・高鉄分・高ミネラル・高ペプチド・高グリコーゲン・低脂肪・低カロリー。あまりに良いこと尽くめで、ここに書いてることがまるで嘘みたいにも思えてくるくらいだが、馬肉は正真正銘の最強ミートであることに間違いはない。

栄養バランス抜群、それでいて低脂肪・低カロリー!

イメージ 牛肉や豚肉に比べると、馬肉の脂肪分は5分の1程度。しかもその脂分は牛や豚の動物性よりも魚の脂に近い成分で、体温レベルでも溶けやすい(融解しやすい)特徴がある。カロリーはちょうど鶏ささみくらい、ボクサーでも食べられるヘルシー食材であるとも言えるだろう。

また、必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸も豊富で、これらも牛や豚よりたっぷり。必須アミノ酸はコルステロールを下げる効果があり、動脈硬化の予防や血液循環の改善にも役立つ大切な栄養素であるにも関わらず、人間が体内で作ることができないため、食品から摂取するしかない。しかしほとんどは植物系に頼らざるを得ないのが現代の食生活の実情だから、馬肉はとても貴重な食材でもあるのだ。

体力増強・貧血防止・血圧降圧に効果絶大!

イメージ さらに、鉄分やカルシウムも牛や豚に比べて4倍、とくにヘム鉄が豊富で、ビタミンAやEも豊富、鉄分はホウレンソウやひじきに比べても多く含まれ、高鉄分の効果で肝機能の増強や貧血予防など期待できるから、お酒のアテにも最適だったりする側面も。まだそれだけじゃない。鉄分とともに疲労回復を促進する栄養素として注目されるグリコーゲンも豊富に含み、旨味を引き立てるとともにスタミナ食としての利点も兼ね備えている。

また、たんぱくも特徴のひとつとされ、そのタンパク質はペプチド成分が豊富で健康増強効果は申し分なし。そもそもペプチドというのは、血管を拡張する作用があり、高血圧の方には降圧作用が期待できるほか、体を温めたり消毒効果もあると言われている。なるほど、昔の人が捻挫や刀傷に馬肉を巻き付けていたという記録が残っているのにも納得がいく。

自然の中でしか育てられない=安心して食べられるのが馬肉

イメージ そんな最強ミートの馬肉だけど、唯一のネックが値段。なにせ流通量が圧倒的に少ない。それは、馬がとても繊細でデリケートな動物であり、ストレスや化学物質に敏感なため、飼育が難しいから。牛や豚のように閉ざされた場所で抗生物質などによって病気を防ぎながら大量飼育できるのとは違い、馬は放牧で自然の牧草や穀物を食べさせて育てなければいけないため、流通量はおのずと少なくなってしまうというわけだ。

見方を変えれば、薬漬けにして安全ですよとアピールしている牛や豚よりも断然安全、残留薬物もなく、アレルギー体質の人でも本当に安心して食べられる食肉は馬肉しかない、といっても過言ではないのだ。

お酒のアテや代替ビーフに、さいぼしが最適!

イメージ それでは最後に、こんな最強ミートをどうやって入手して如何に料理するのか?最も手っ取り早いのは、100年以上続く伝統技法で作られる馬肉の保存食「さいぼし」である。

「さいぼし」は、馬肉の旨味と栄養分をギュッと濃縮させたジャーキーのような食べ物で、ビーフジャーキーのような固いタイプではなくどちらかと言えばハムに近い食感。燻製を好みの薄さにカットして、辛子や山葵を溶いた醤油などにつけて食すと、クセになってお酒がすすむ。

また、ベーコンと同じようにカリカリに焼いてアレンジすれば、食べ方のレパートリーはどんどん広がるというもの。成人病やメタボは気になるけど、美味しいお肉はやめられない…そんな肉食男女諸氏には、断然オススメできるので、是非一度お試しあれ。

単価:460円/100g

1,380円/300g (税込)

長崎県産 不定貫商品 限定品 冷蔵 有限会社古源商店

【長崎直送鮮魚】アオハタ(アオナ) 活締めラウンド

アオハタのあら煮 頭部や中骨などに味のある魚。適宜に切り、湯通しして、冷水に落として鱗などをこそげ落とす。水分をよく切り、水、酒、砂糖、しょうゆで煮る。厚みのある皮がゼラチン質になり甘みがある。身は適度にしまり身離れもいい。
アオハタのみそ汁アオハタのみそ汁 あらを湯通しして冷水に落として鱗やぬめりなどを落とす。よく水切りをして水から煮てみそを溶く。うま味は強いわりに後味のいい汁になります。
アオハタの鍋アオハタの鍋 アオハタの中骨などを集めて、湯通しする。冷水に落として鱗やぬめりなどを落としてよく水切りをする。これを昆布だしで煮ながら食べる。厚みのある皮はゼラチン質で甘く、うま味が強い。野菜はお好みで。
アオハタの刺身アオハタの刺身 鮮度がいいとやや硬い。上身にして晒しやペーパータオルなどにくるみ寝かせても。胃袋はゆでると独特の食感が楽しめます。肝もゆでて添えると味が深い。身に甘みがあっていい味。
アオハタのセビチェアオハタのセビチェ 身割れしやすいので、セビチェのように細かく切って作る料理が無駄がなく向いています。皮を引いて細かく切り、塩、ライムで締める。少し置き、青唐辛子、紫玉ねぎ、黒トマトと和えてもおいしい。
アオハタの唐揚げアオハタの唐揚げ 胸鰭周辺や頭部などに片栗粉をまぶして、じっくりと二度揚げする。鰭も皮も香ばしく、身は鶏肉のようにしまっていて甘味がある。太い骨以外はすべてが食べ尽くすことができます。
アオハタの塩焼きアオハタの塩焼き 小振りのアオハタは水洗いして振り塩をして半日ほど寝かせる。これをじっくりと焼き上げる。皮はぱりっとして香ばしくて身に甘みがある。やや淡泊に過ぎるのでオリーブオイルやバルサミコ酢などを使うとよりおいしくなります。

単価:4,500円/kg

4,500円/1kg (税込)

品切れ 三重県産 NEW 残りわずか 限定品 格安 冷蔵 食肉卸 肉のふじた

特選松阪牛A5ランクランプ 5月14日1頭買い 右現品のみ

■サーロインに続く、腰からお尻にかけての大きな赤身で、モモ肉の特に柔らかい旨みのある部分です。霜降りが入りにくいところですが、肉のきめは細かく、やわらかな赤身肉としては貴重な部分です。
 ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、その他いろいろな料理に合います。


 

単価:3,800円/kg

38,000円/10kg (税込)