よく検索されるワード

全てのジャンル

畜産市場

検索結果 5件中 1〜 5の表示

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:ブリスケ 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

兵庫県産 ブランド食材 冷凍 神戸牛・黒毛和牛専門卸 ホープ

神戸牛 ブリスケ 1.5mm スライス

▼ 神戸牛とは ▼



きめ細かく上品な甘みのある赤身が、脂肪の風味・香りと溶け合うハーモニー。
神戸ビーフのおいしさの秘密は、人肌で溶けるほど融点の低いサシ(脂肪分)
が筋肉の中に細かく入り込んだ状態、いわゆる「霜降り」です。
また、おいしさの決め手であるイノシン酸やオレイン酸が豊富であることも
科学分析で明らかになっています。


 


▼ ブリスケ ▼



赤身と脂が薄い層となって交互に重なり、固めの肉質。
コクと旨味のバランスが良く、煮るほどに旨味が増します。
牛丼・カレーなどの煮込みに抜群の部位となります。


 


 


証明書等が必要の方は、発注の際にご連絡いただければコピーを同送させて頂きます。

単価:4,500円/kg

4,500円/1kg (税込)

岐阜県産 不定貫商品 NEW オススメ 限定品 冷蔵 食肉卸 開明フーズ

飛騨牛 みすじ 1本約3kg

【飛騨牛とは】

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。 山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品です。

【飛騨牛の歴史】

岐阜県では昭和20年代、田畑を耕す役割を兼ねた「役牛」として牛を飼育していました。30年代になると、農作業の機械化が進み「役牛」から肉用牛への転換が始まります。40年代には、肉質や増体に注目が集まり肉用としての改良がおこなわれるようになりました。この流れは日本全国で起こり、各県が改良の成果を競う場として和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」(通称:全共)が開催されるようになりました。

50年代、岐阜県内にはそれぞれの地域名がついた和牛が飼育されていましたが、統一の機運が高まり、県下総称して「岐阜牛」と呼ばれるようになります。

昭和56年、のちに“飛騨牛の父”と呼ばれ、ブランドの立役者となる「安福号」が兵庫県より導入され、その産子が次々と素晴らしい産肉成績を収めます。そして統一名称を「岐阜牛」から「飛騨牛」へと変更し銘柄を推進するため、当時「飛騨牛」の商標を取得していた㈱吉田ハムの全面的な協力を得て、昭和63年、飛騨牛銘柄推進協議会が設立されます。 ここから飛騨牛の歴史は始まりました。

【飛騨牛の現在】

近年では近畿東海北陸連合肉牛共進会においても連覇を達成しています。この共進会は松阪牛や神戸牛、近江牛などの名だたるブランド牛を擁する県が参加する大会で、平成24年度・25年度・平成27年度と最優秀枝肉賞(農林水産大臣賞)を受賞しています。

「安福」の血を引く「飛騨白清」をはじめ「白清85の3」「花清国」など数多くの種雄牛(父牛)が県内で活躍しており、飛騨牛ブランドの更なる発展に寄与しています。

また岐阜県は(公社)日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付において最高等級である5等級の発生率が全国平均をはるかに上回っており生産者の肥育技術の高さが際立ちます。

【飛騨牛 みすじ】

飛騨牛のみすじのみを1本ずつ真空パックに致しました。脂が強くなく、あっさりしていますが、旨みがあります。洋食、焼肉、鉄板焼き、ローストビーフに何にでも使いやすい部位です。

単価:8,640円/kg

25,920円/3kg (税込)

宮崎県産 不定貫商品 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ブリスケット

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のブリスケット1本単位のブロックです。

単価:2,484円/kg

24,840円/10kg (税込)

宮崎県産 オススメ 冷蔵 有限会社新垣ミート

宮崎県産・黒毛和牛【宮崎牛A-4】ブリスケットスライス

全国有数の和牛ブランド「宮崎牛」の特徴は、やわらかな肉質はもちろん、その脂の軽さと甘み!一口でわかる、あふれる旨味がメニュー構成をサポートします。


―宮崎牛とは―
宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、(公社)日本食肉格付協会による格付において肉質等級が4等級以上のもので、県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの。


お得な単価で人気のブリスケット1本単位のブロックです。

単価:4,536円/kg

4,536円/1kg (税込)

香川県産 不定貫商品 限定品 冷凍 食肉卸 肉のふじた

【不定貫】「讃岐牛A5(金ラベル)」ブリスケ左12.9kg ブリスケット

前脚の近くにあり、人間でいうと胸あたりにある部位「ブリスケット」。「ブリスケ」と省略したり、「前バラ」「肩バラ」と呼ばれたりもする部位です。肉質がきめ細かく、脂と赤みのバランスに優れているのが特徴。シチューにすると脂身が溶けて最高の舌触りを楽しめます。


讃岐牛の歴史は全国にさきがけて小豆島で黒毛和種の肥育が始まったのが最初と言われています。 昭和63年に普及推進協議会を設立し「讃岐牛」として本格的に普及推進を始めました。


「金ラベル」と「銀ラベル」


讃岐牛の定義は、香川県で飼育されたことはもちろんですが、そのほか、血統明確な黒毛和種で、肉質の15ランクの内、上位4ランクに格付けされたもの(A5、A4、B5、B4)を「讃岐牛(金ラベル)」、5・6ランクのもの(A3、B3)を「讃岐牛(銀ラベル)」としています。「讃岐牛」の場合、普通1頭の母牛からは1年に1頭しか生産されません


個体識別番号 1433532727

単価:4,100円/kg

52,890円/12.9kg (税込)