令和まつり

kg単価で絞り込む

販売ロットで絞り込む

販売価格で絞り込む

産地で絞り込む

全てのジャンル

農産市場

検索結果 2件中 1〜 2の表示

1;件の商品がございます


ずつ表示


商品カテゴリ:豆類 商品名:指定なし 商品属性1:指定なし 商品属性2:指定なし 商品属性3:指定なし 商品属性4:指定なし

kg単価で絞り込む

販売価格で絞り込む

産地で絞り込む

日本産 オリジナル ブランド食材 小ロッド販売 冷蔵 やお新

お刺身用きびなご+ピーナッツ豆腐+朝鮮漬セット

朝鮮漬は材料・白菜・きうり・人参を飽和水に数時間漬けこんだ減塩です。
秘伝のタレで味付けしています。260gの袋入り2袋です。

ピーナツ豆腐は 材料・落花生・さつま芋の澱粉です。
タレに・出し汁等 特製のタレを、かけてそのまま食べます。
タレと一緒にきな粉をかけたらメッチャ旨い

きびなご は、南大隅町佐多岬 近辺で朝獲れた、新鮮なものを送ります
刺身に天ぷらに塩焼きに美味しいです。南蛮漬けも最高、甘辛く煮ても美味しい
刺身以外は頭からまるごと食べます。

単価:800円/kg

1,080円/1.35kg (税込)

品切れ 山形県産 オススメ 季節限定 冷蔵 山菜いちば ”楽菜” 自然の恵み

だだちゃ豆(品種:本白山) 無農薬栽培

メディアにも度々とりあげられております、だだ茶豆です。飲食店様に好評いただいております。こちらの、だだちゃ豆は(品種:本物白山)先行予約販売です。8月中旬から順次収穫後の発送となります。 完全無農薬無化学肥料栽培です。


なるべく御希望に沿えるよういたしますが、天候などにより希望日にお届け出来ない場合がございます。


「だだちゃ」とは、庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」という意味。
その昔、城下町・鶴岡が庄内藩だった頃、枝豆好きな殿様が城下から毎日持ち寄らせては、
 「今日はどこのだだちゃの枝豆か?」と聞いていたことから、だだちゃ豆と呼ばれるようになったといわれています。


 江戸時代から鶴岡周辺の農家が大切に守り伝えてきた味は、今や全国的に知られる味となりました。その産地鶴岡から、おいしさの秘訣をご案内いたします。


 ◎だだちゃ豆のおいしいゆで方
1.洗い桶に豆を入れ、水を少なめに入れて、ゴシゴシ強くこすり毛を洗い流す。
2. ザルに上げて、水気を切る。 鍋に豆の量の約3倍の水を入れ、塩を少々入れた後、沸騰させる。
3.沸騰した湯の中に豆を入れてふたをする。(約3~4分)
4. すばやくザルにあけて、塩をふり、うちわなどで扇いでさます。


250gあたり約2リットルの水となります。
 新鮮なうちに召し上がっていただいた方がよろしいですが、保存する場合は一度ゆがいてから冷蔵すれば風味が保たれます。 

単価:1,900円/kg

3,800円/2kg (税込)