よく検索されるワード

全てのジャンル

検索結果 15件中 1〜 15の表示

絞り込み

1;件の商品がございます


ずつ表示


島根県産 冷凍 不定貫商品 ブランド食材 オリジナル オススメ おおち山くじら

特上 冬イノシシ『背ロース肉』 柔らかな赤身とサクサクの脂身の美しい層!

 

特上 冬イノシシ背ロース ー柔らかな赤身とサクサクの脂身の美しい層!ー


 


背ロースは、背骨の両側に位置する背中の肉。棒状でどこをカットしても同じような形状ができるため、ロスが少なく使いやすい部位です。

スジや筋膜をかむことが少ないため、赤身はしっとり柔らか、脂身はサクサクとした食感を楽しむことができ、イノシシの中で一番美味しいといわれる部位です。

 

脂身と赤身がくっきり分かれており、見栄えがよく、メインディッシュとして演出がしやすい商品です。

 

お薦めの調理方法は、ローストやステーキなど、シンプルな味付けで肉本来のうまみをお楽しみください。

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:7,020円/kg

2kg14,040円 (税込)

島根県産 冷凍 不定貫商品 格安 ブランド食材 小ロット販売 おおち山くじら

イノシシ『ヒレ肉』約0.5kg しっとりジューシー赤身の旨味

イノシシ『ヒレ肉』約0.5㎏ ーしっとりジューシーな赤身の旨味ー

 


ヒレ肉は、背骨の内側に位置する内側の肉です。表面に脂はのっていないですが、肉質がしっとりやわらかく、イノシシらしい野趣あふれる旨味が特徴です。

 

お薦めの調理方法はロースト。じっくり火を通して、濃厚なソースと一緒にお召し上がりください。

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:356円/100g

500g1,782円 (税込)

島根県産 冷凍 不定貫商品 ブランド食材 オリジナル オススメ おおち山くじら

割安!イノシシ『背ロース肉』 赤身と脂身の割合が良い

 

割安!イノシシ『背ロース肉』 赤身と脂身の割合が良い


 


背ロースは、背骨の両側に位置する背中の肉。棒状でどこをカットしても同じような形状ができるため、ロスが少なく使いやすい部位です。

スジや筋膜をかむことが少ないため、赤身はしっとり柔らか、脂身はサクサクとした食感を楽しむことができ、イノシシの中で一番美味しいといわれる部位です。春や秋に捕獲された脂身が薄い背ロースです。ヘルシー志向のお客様におススメ。

 

脂身と赤身がくっきり分かれており、見栄えがよく、メインディッシュとして演出がしやすい商品です。

 

お薦めの調理方法は、ローストやステーキなど、シンプルな味付けで肉本来のうまみをお楽しみください。

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:5,184円/kg

2kg10,368円 (税込)

島根県産 冷凍 格安 ブランド食材 オススメ 小ロット販売 おおち山くじら

格安!冬イノシシ『モモ肉のスライス』牡丹鍋(イノシシ鍋)に最適です。

 

お買い得! 冬イノシシ『モモ肉のスライス』


冬に備え、脂がのったイノシシ肉のモモ肉のスライスです。

弊社は、モモ肉の単価をぐっと安く設定しています。

食感が悪いといわれがちなモモですが、薄くスライスしているので

火入れを軽くすると美味しくお召し上がりいただくことができ

安価ながら豪華な鍋料理をメニューとして提供いただくことが可能です!

 

 

 

 

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:367円/100g

500g1,836円 (税込)

島根県産 冷凍 ブランド食材 オススメ 小ロット販売 おおち山くじら

特上 冬イノシシ『ロース肉のスライス』牡丹鍋(イノシシ鍋)に最適です。

 

特上 冬イノシシ『ロース肉のスライス』


冬に備え、脂がのったイノシシ肉の最高級部位 ロース肉のスライスです。主に肩ロースをスライスにしています。

 

部位の中で肩ロースは脂の甘味もさることながら、赤身に強烈な旨み成分(イノシン酸などのアミノ酸)が含まれています。丁寧に処理することで脂身が真っ白になっていますので、薄切りにしてお皿に並べ赤身と白い脂身のコントラストを見せることで写真映えが高くなります。脂の白さは丁寧な処理の証です。

(別名で牡丹肉と呼ばれる所以です。)

 

サッと火を通して、サクサク食感の甘味溢れる脂身と旨味が爆発する赤身のコントラストをお楽しみください。

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:799円/100g

500g3,996円 (税込)

島根県産 冷凍 格安 ブランド食材 小ロット販売 おおち山くじら

特上 冬イノシシ『バラ肉のスライス』

 

特上 冬イノシシ『バラ肉のスライス』


冬に備え、脂がのったイノシシ肉の部位の中でバラ肉は脂身と赤身が相まって旨味を感じる部位です。他の部位に比べ、脂身が柔らかく火を通すと旨味がじゅわーっと肉全体を包み込みます。

サッと火を通してお召し上がりいただくのもよいですが、鍋物にしてちょっと煮込んでいただくと脂の旨味が鍋全体に広がって調和します。

 

お薦めの調理方法は、牡丹鍋(みそ仕立ての鍋)です!

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:734円/100g

500g3,672円 (税込)

島根県産 冷凍 格安 ブランド食材 オススメ 小ロット販売 おおち山くじら

格安!夏イノシシ『モモ肉のスライス』赤身の旨み

 

お買い得! 夏イノシシ『モモ肉のスライス』


夏場に捕獲されたイノシシ肉のモモ肉のスライスです。

赤身でさっぱり、ヘルシーな味わい。

弊社は、モモ肉の単価をぐっと安く設定しています。

食感が悪いといわれがちなモモですが、薄くスライスしているので

火入れを軽くすると美味しくお召し上がりいただくことができ

安価ながら豪華な鍋料理をメニューとして提供いただくことが可能です!

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。

 

一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。

 

冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。

 

おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:302円/100g

200g605円 (税込)

島根県産 冷凍 不定貫商品 おおち山くじら

イノシシ『ハツ(心臓)』約0.3kg しっかりした食感、野趣の塊

イノシシ『ハツ(心臓)』約0.3㎏ ーしっかりした食感、野趣の塊

 


その名の通り、イノシシの心臓です。私たちの施設では、専属のスタッフが衛生的な環境で止め刺しを行うため新鮮できれいな心臓をえることができます。イノシシのハツはもっちりとしたしっかりした食感があります。鉄分が豊富でイノシシの心臓!という野趣感を楽しむことができます。

薄切りにスライスし、炒め料理におススメです。

 


 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:270円/100g

300g810円 (税込)

島根県産 常温 ブランド食材 オススメ 限定品 おおち山くじら

イノシシ肉と大豆のキーマカレー缶 【90g×36缶入り!】開封するだけでレストランの味!

豊かな自然が育んだ野生の猪「おおち山くじら」

 

野生動物ならではの旨みを

有名レストランのシェフ監修のもと缶詰に詰め込みました。

 

≪イノシシ肉と大豆のキーマカレー 商品紹介≫

粗めにひいたイノシシ肉と大豆のキーマカレー ぎゅっと詰まったイノシシ肉の旨味が大豆の甘味とスパイスで、より一層引き立ちます。 大豆は、三重県津市美里町にて生産している在来大豆の『みさと在来』を使用しています。

 

原材料:野菜(にんじん(国産)、たまねぎ、にんにく)、猪肉、大豆、発酵調味料、大豆油、食塩、乾しいたけ、チャツネ、ガラムマサラ、醤油、米みそ、ターメリック、カレー粉、ジンジャー、コリアンダー、クミン、ガーリックパウダー、ブラックペパー、唐がらし/増粘剤(加工デンプン)、酸味料、(一部に小麦・大豆・りんご・豚肉を含む)

 

内容量:90g

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:5,203円/kg

3.2kg16,652円 (税込)

島根県産 冷凍 不定貫商品 ブランド食材 オリジナル 限定品 おおち山くじら

特上 冬イノシシ『バラ肉』 脂と赤身の旨味がつまった三枚肉

 

特上 冬イノシシバラ ー脂身と赤身の旨味がつまった三枚肉ー


 


冬に備え、脂がのったイノシシ肉の部位の中でバラ肉は脂身と赤身が相まって旨味を感じる部位です。他の部位に比べ、脂身が柔らかく火を通すと旨味がじゅわーっと肉全体を包み込みます。

お薦めの調理方法は、角煮やチャーシューなど。形状を楽しみつつ煮込むことで肉の旨味を引き立てる料理がおすすめです。

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:6,264円/kg

1.5kg9,396円 (税込)

島根県産 常温 ブランド食材 オススメ 限定品 おおち山くじら

イノシシ肉の黒ビール煮込み缶 【200g×30缶入り!】開封するだけでレストランの味!

豊かな自然が育んだ野生の猪「おおち山くじら」

 

野生動物ならではの旨みを

有名レストランのシェフ監修のもと缶詰に詰め込みました。

 

無添加、無着色 一缶づつ、手作業で調理、巻締をしています。

手作業だからこそ実現できるゴロっと入った食材の旨みをぜひお楽しみください。

 

≪イノシシ肉の黒ビール煮込み 商品紹介≫

イノシシの肉に焼き目をつけ、じっくり炒めた玉ねぎと黒ビールで煮込みました。

野菜の甘みを生かしながら、ビールのほろ苦さがくせになる贅沢な大人向けの味です。 お好みでヒヨコ豆を加えても美味しくお召し上がりいただけます。

 

原材料:猪肉、野菜(玉ねぎ、椎茸)、黒ビール、トマトペースト、オリーブ油、ひまわり油、砂糖、食塩

 

内容量:200g

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:4,842円/kg

6kg29,054円 (税込)

島根県産 常温 ブランド食材 オススメ 限定品 おおち山くじら

イノシシ肉のスパイス煮込み缶 【200g×30缶入り!】開封するだけでレストランの味!

豊かな自然が育んだ野生の猪「おおち山くじら」

 

野生動物ならではの旨みを

有名レストランのシェフ監修のもと缶詰に詰め込みました。

 

無添加、無着色 一缶づつ、手作業で調理、巻締をしています。

手作業だからこそ実現できるゴロっと入った食材の旨みをぜひお楽しみください。

 

≪イノシシ肉のスパイス煮込み 商品紹介≫

イノシシの肉を8種類のスパイスとトマトでじっくり煮込みました。 挽きたてのスパイスの香りとトマトの酸味、ピーマンの苦味がマッチしたエキゾチックな味です。 ショートパスタやご飯にそえても美味しくお召し上がりいただけます。

 

原材料:猪肉、野菜(玉ねぎ、ピーマン、人参、セロリ、にんにく)、トマト・ジュースづけ、白ワイン、ひまわり油、オリーブ油、香辛料、食塩

 

内容量:200g

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:4,194円/kg

6kg25,166円 (税込)

島根県産 冷凍 NEW オリジナル オススメ しじみ屋かわむら

送料無料!!【業務用】宍道湖産砂抜き冷凍しじみ(Mサイズ)10kg

しじみ専門店だからこそのこだわり!


砂抜き処理に特許技術を用いることで、プリプリとした食感と旨味成分である遊離アミノ酸量の増加を実現し、しじみ本来の旨味が存分にお楽しみいただけます。 


 

単価:1,750円/kg

10kg17,500円 (税込)

品切れ 島根県産 冷凍 不定貫商品 ブランド食材 オリジナル おおち山くじら

冬イノシシ『モモ肉』 お手軽価格でイノシシの旨みを味わってください

 

冬イノシシモモ肉 ーお値段と旨味のバランス!ー


冬イノシシのモモ肉の特長は、しっかりした脂はもちろんのこと、なんといってもお手軽なお値段!

キロあたり2800円(税別)と、イノシシの他の部位に比べるとお求めやすい価格に設定しています。

弊社のモモ肉は、内もも、外もも、しんたま、ランプ等の部位分けをしていないので、ご自身で部位分けをしていただくと、それぞれの部位の旨味を比較しながら楽しむことができます。

 

お薦めの調理方法は、煮込み料理。もしくは、部位分けをして麹漬けやみそ漬けもおすすめです。

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:3,024円/kg

2kg6,048円 (税込)

品切れ 島根県産 冷凍 ブランド食材 オリジナル おおち山くじら

特上 冬イノシシ『背ロース肉』!!お試しサイズ!!

 

特上 冬イノシシ背ロース ー柔らかな赤身とサクサクの脂身の美しい層!ー


 


背ロースは、背骨の両側に位置する背中の肉。棒状でどこをカットしても同じような形状ができるため、ロスが少なく使いやすい部位です。

スジや筋膜をかむことが少ないため、赤身はしっとり柔らか、脂身はサクサクとした食感を楽しむことができ、イノシシの中で一番美味しいといわれる部位です。

 

脂身と赤身がくっきり分かれており、見栄えがよく、メインディッシュとして演出がしやすい商品です。

 

お薦めの調理方法は、ローストやステーキなど、シンプルな味付けで肉本来のうまみをお楽しみください。

 

 

「猪」が「イノシシ肉」になるまで


おおち山くじらは、島根県邑智郡美郷町にて、農家の田畑を荒らす野生の猪を適切に処理し、お客様に安心して召し上がっていただけるイノシシ肉の製造をしています。


一般的には猪は止め刺しをした後に、処理施設に運んでから内臓摘出、剝皮、解体処理を行い、イノシシ肉となります。止め刺しをした後に処理施設に運ぶまでの間に、腐敗や放血の不備などにより臭みが発生し、品質劣化を引き起こしてしまいます。おおち山くじらでは、その課題を解決するために、「はこわな」及び「囲いわな」で猪を捕獲し、生きたまま処理施設に運ぶ「生体搬送」を、地域一丸となって実践しています。「はこわな」及び「囲いわな」は、猪の外傷を最低限に抑え、生きたまま捕獲できるため、食肉利用しやすいという特徴があります。また、幼獣や母猪を数頭まとめて捕獲できるため、繁殖期の駆除効果が期待できます。さらに、「生体搬送」で生きたまま猪を処理施設に搬送し十分に血抜きをすることで、衛生的でかつ美味しいイノシシ肉を製造することが可能です。


冬場はわな場に雪が積もるため、「はこわな」「囲いわな」に加えて「くくりわな」で捕獲されたものも処理しています。「くくりわな」は、山の斜面や沢や谷など、猪の行動範囲内にかけるのが一般的です。脂ののった大きな猪を狙って捕獲することができますが、捕獲者の技術や経験が必要となります。おおち山くじらでは、「くくりわな」で捕獲された場合も、と殺から内臓摘出までの時間を最短にすることで、衛生的でかつ肉質の良いイノシシ肉を製造するよう心掛けています。いずれの捕獲方法によって捕獲される場合にも、専属技術者が捕獲から肉になるまでの状態を確認し、各工程における記録(トレーサビリティが担保される仕組みづくり)とともに、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

 

 

おおち山くじらのミッション 衛生的で高い品質が担保されるシステムを確立する


私たちは、年間400頭前後の野生猪を食肉処理しています。食べ物を扱う事業者として、クリアしなければならない課題、準拠すべきガイドラインや法令があります。私たちは、その課題と真摯に向き合い、安全・安心なイノシシ肉を安定的に皆様に届けることを使命と考えています。


おおち山くじらについて、詳細は以下のリンクからご覧ください。
おおち山くじら

単価:760円/100g

500g3,800円 (税込)