よく検索されるワード

野菜や肉類、イカ・マグロなど業務用食材の仕入をお考えの方へ~より良い食材を効率良く仕入れるためには流通の仕組みを知ることから~

知っておきたい!一般的な流通の仕組み

知っておきたい!一般的な流通の仕組み

食材をはじめ、あらゆる「もの」は生産から消費者の手元に届くまでに様々な流通経路をたどります。

生鮮食材の場合、農家や漁師といった生産者からJAや漁協などの出荷団体に生産物を集め、選別や箱詰めなどを行い卸売市場に出荷します。卸売市場では、卸売業者によるせり(競売)や交渉(相対)が行われ、卸売市場内に店舗がある仲卸業者や、スーパーなどの小売業者へと販売されます。

仲卸業者や小売業者は、買い付けた品物を鮮魚店やスーパー、個人商店、外食業者などに販売するというのが一般的な流通の仕組みです。業者を仲介するほど価格が上がりますし、品物の輸送や品質の維持・管理も必要なため、その分の費用も加算されます。

農林水産省によると、国内で生産された9.2兆円(輸入品を加えると10.5兆円)の農林水産物は、最終的に約76兆円となって消費されたと発表されました。仲介業者が多く複雑な流通形態により、流通・加工の各段階でマージン・コストが付加されたことが原因です。

コストを抑えてより良い食材を仕入れるには?業務用食材の仕入は【ISPフーズ】から!

業者を仲介するごとに価格が高くなる一般的な流通システムは、買い手にとって不利です。また、市場へ流通させるためには手数料などの流通経費もかかるため、売り手にとってもメリットが大きいとはいえません。素材や産地にこだわると、業務用食材といってもコストがかかり、仕入に悩む飲食店経営者の方もいらっしゃるでしょう。

【ISPフーズ】であれば、コストを抑えながらより良い業務用食材を仕入れることができます。売り手・買い手のユーザビリティが高いマーケットプレイスサービスで、飲食関係の業者様・個人事業主様の仕入をサポートします。

野菜や肉類、イカ・マグロといった水産物も豊富

野菜や肉類、イカ・マグロといった水産物も豊富

【ISPフーズ】では、野菜や肉類、イカマグロといった水産物など、全国各地の美味しい食材を取り扱っています。

ジャンル別ではもちろん、全国各地・海外も含めて原産地で探すこともでき、こだわりの食材が見つかるはずです。販売価格も明記しているため、すぐに仕入れたいという時にもお役立ていただけます。業務用食材の仕入は、ぜひ【ISPフーズ】をご利用ください。

業務用食材の仕入をするなら【ISPフーズ】で

会社名 株式会社アイサポートプラン ISPフーズ事業部
代表者名 磯部 晃太朗
住所 〒615-0022 京都府京都市右京区西院平町25 ライフプラザ西大路四条6050
電話 075-323-6000
FAX 075-323-6005
問い合わせ info@ispfoods.jp
info@ispfoods.com
URL https://ispfoods.jp/