8461
0
干カット棒鱈(本棒鱈・真鱈使用・本乾)1kg
https://ispfoods.jpproducts/detail.php?product_id=8461
<p><span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">老舗として自社生産の極上棒鱈を直送します!</span><br style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" /> <span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">京都の老舗の料亭も使用している極上品。この料金は、自社生産・直送だからできます!</span><br style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" /> &nbsp;</p> <table border="0" bordercolor="#FF6633" cellpadding="1" cellspacing="0" style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" width="560"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;">新鮮な真ダラを天日でじっくり乾燥させました。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <font color="#990000" style="margin: 0px; padding: 0px;">棒ダラの老舗として伝統の味を今に伝えます。</font><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「棒鱈」は、北海道近海で漁獲された新鮮な真だらを載割した後、天日でじっくり乾燥させてつくる、 まさしく自然食品そのものです。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 特に稚内地方の早春は 晴れて湿度の少ない風の強い日が多く、棒鱈製造には 最も適した気候風土と言えるでしょう。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/bou-hosu.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><font color="#990000" style="margin: 0px; padding: 0px;">古い時代より 関西方面に運ばれ、大切にその伝統の味を今に伝えています。</font>&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 自社製造の棒だらが小学館「サライ」に掲載されました。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 2002年・新年号&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boudara-ketegori.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;"> <center style="margin: 0px; padding: 0px;"> <table border="0" style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="87" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe1.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="100" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe2.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="127" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe3.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(1)真水に5~7日浸す。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> (夏期3~4日)</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(2)毎日水を替えます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(3)もどしたら水洗いを<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> します。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「つけ棒ダラ」の方は、<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> ここから<font color="#FF0000" style="margin: 0px; padding: 0px;">スタート!!</font></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="95" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe4.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="87" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe5.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="183" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="100" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe6.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="183" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(4)1口大に切り多めの水を加え水から煮立て5分ほど沸騰させた後火を消します。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> しばらくの後、新しい水に替えて5~8時間おきます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(5)もどしたタラの2倍量のダシ(こんぶ・かつお)で3~4<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 時間煮ます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(6)汁が半分になったら砂糖を適量加え30分煮ます。</td> </tr> </tbody> </table> <table border="0" style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe7.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top"><img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe8a.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(7)調味料(醤油・みりん・酒)を加え<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 5分ほどさっと煮たら火を止め<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 冷めるまでおき、煮含ませる。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">できあがり!!</td> </tr> </tbody> </table> </center> </td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;"><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <b style="margin: 0px; padding: 0px;"><font color="blue" size="+1" style="margin: 0px; padding: 0px;">強い季節風が吹く最北端の町、稚内は棒鱈の全国一の産地!&nbsp;</font></b><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-kotoba.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" />旨い干物は、鮮度が身上<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 北海道沖の子持ち真鱈がもっとも美味しくなる12月~3月ころ、 稚内の棒鱈作りの最盛期です。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 稚内の港に真鱈が揚がると、すぐに自社工場に直送。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 10kg以上、時には18kgの超大物も揚がることもあります。 達人の切子さん達が、刃渡り30cmもある大鱈包丁で おろしていきます。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-sabaku.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 頭でっかちの大口「たらふく食べる」の語源になるくらいの大くらい。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-kao.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 身だけになった真鱈を、乾燥室である程度乾かしてから、 常温の室内に吊って水分を抜く。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> そのまま干したのでは、凍って肉がスポンジ状になり味を損ねます。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 吹きさらしの納屋に上げてひと月寒風に干す。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> カチカチを納屋から下ろして井桁に組んで、戸外の天然冷蔵庫に もうふた月寝かせる。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu2.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 3か月かかって、10kgの鱈がたった1kgの棒鱈に仕上がります、<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「自然の風は、仕上がりの色つやがまったく違う。 こればかりは、人間の力ではどうすることもできません。」<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 最北端のからっ風が棒鱈を磨き上げました。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu3.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu4.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> </tbody> </table> <p><span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">&nbsp;</span></p>
https://ispfoods.jp/upload/save_image/09171745_main_image5b9f69a336b2f.jpg
水産市場
加工品
その他水産加工品
8910
<p><span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">老舗として自社生産の極上棒鱈を直送します!</span><br style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" /> <span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">京都の老舗の料亭も使用している極上品。この料金は、自社生産・直送だからできます!</span><br style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" /> &nbsp;</p> <table border="0" bordercolor="#FF6633" cellpadding="1" cellspacing="0" style="margin: 0px; padding: 0px; color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;" width="560"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;">新鮮な真ダラを天日でじっくり乾燥させました。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <font color="#990000" style="margin: 0px; padding: 0px;">棒ダラの老舗として伝統の味を今に伝えます。</font><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「棒鱈」は、北海道近海で漁獲された新鮮な真だらを載割した後、天日でじっくり乾燥させてつくる、 まさしく自然食品そのものです。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 特に稚内地方の早春は 晴れて湿度の少ない風の強い日が多く、棒鱈製造には 最も適した気候風土と言えるでしょう。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/bou-hosu.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><font color="#990000" style="margin: 0px; padding: 0px;">古い時代より 関西方面に運ばれ、大切にその伝統の味を今に伝えています。</font>&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 自社製造の棒だらが小学館「サライ」に掲載されました。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 2002年・新年号&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boudara-ketegori.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;"> <center style="margin: 0px; padding: 0px;"> <table border="0" style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="87" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe1.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="100" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe2.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="127" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe3.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(1)真水に5~7日浸す。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> (夏期3~4日)</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(2)毎日水を替えます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(3)もどしたら水洗いを<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> します。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「つけ棒ダラ」の方は、<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> ここから<font color="#FF0000" style="margin: 0px; padding: 0px;">スタート!!</font></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="95" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe4.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="151" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="87" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe5.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="183" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img height="100" src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe6.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" width="183" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(4)1口大に切り多めの水を加え水から煮立て5分ほど沸騰させた後火を消します。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> しばらくの後、新しい水に替えて5~8時間おきます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(5)もどしたタラの2倍量のダシ(こんぶ・かつお)で3~4<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 時間煮ます。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(6)汁が半分になったら砂糖を適量加え30分煮ます。</td> </tr> </tbody> </table> <table border="0" style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tbody style="margin: 0px; padding: 0px;"> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;"><img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe7.gif" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top"><img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/recipe8a.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">(7)調味料(醤油・みりん・酒)を加え<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 5分ほどさっと煮たら火を止め<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 冷めるまでおき、煮含ませる。</td> <td align="center" style="margin: 0px; padding: 0px;" valign="top">できあがり!!</td> </tr> </tbody> </table> </center> </td> </tr> <tr style="margin: 0px; padding: 0px;"> <td style="margin: 0px; padding: 0px;"><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <b style="margin: 0px; padding: 0px;"><font color="blue" size="+1" style="margin: 0px; padding: 0px;">強い季節風が吹く最北端の町、稚内は棒鱈の全国一の産地!&nbsp;</font></b><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-kotoba.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" />旨い干物は、鮮度が身上<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 北海道沖の子持ち真鱈がもっとも美味しくなる12月~3月ころ、 稚内の棒鱈作りの最盛期です。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 稚内の港に真鱈が揚がると、すぐに自社工場に直送。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 10kg以上、時には18kgの超大物も揚がることもあります。 達人の切子さん達が、刃渡り30cmもある大鱈包丁で おろしていきます。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-sabaku.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 頭でっかちの大口「たらふく食べる」の語源になるくらいの大くらい。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-kao.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 身だけになった真鱈を、乾燥室である程度乾かしてから、 常温の室内に吊って水分を抜く。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> そのまま干したのでは、凍って肉がスポンジ状になり味を損ねます。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 吹きさらしの納屋に上げてひと月寒風に干す。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> カチカチを納屋から下ろして井桁に組んで、戸外の天然冷蔵庫に もうふた月寝かせる。<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu2.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 3か月かかって、10kgの鱈がたった1kgの棒鱈に仕上がります、<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 「自然の風は、仕上がりの色つやがまったく違う。 こればかりは、人間の力ではどうすることもできません。」<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> 最北端のからっ風が棒鱈を磨き上げました。&nbsp;<br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu3.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /><br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <br style="margin: 0px; padding: 0px;" /> <img src="http://img13.shop-pro.jp/PA01070/292/etc/boutara-hosu4.jpg" style="margin: 0px; padding: 0px; border: none;" /></td> </tr> </tbody> </table> <p><span style="color: rgb(102, 102, 102); font-family: Verdana, &quot;ヒラギノ角ゴ Pro W3&quot;, &quot;MS ゴシック&quot;, Osaka‐等幅; font-size: 12px;">&nbsp;</span></p>
10
日本産 冷凍

干カット棒鱈(本棒鱈・真鱈使用・本乾)1kg

  • 単価8,910円/kg
  • 販売最小ロット8,910円/1kg(税込)
  • 数量

商品コード: 5749846100004

販売最小ロット価格(税込): 8,910 円

商品属性1:
商品属性2:
商品属性3:
商品属性4:
関連カテゴリ:
水産市場 加工品 その他水産加工品
購入したい個数を選択し、カートに入れるボタンを押してください。
購入希望数
干カット棒鱈(本棒鱈・真鱈使用・本乾)1kg
画像を拡大する

干カット棒鱈(本棒鱈・真鱈使用・本乾)1kg

  • 単価8,910円/kg
  • 販売最小ロット8,910円/1kg(税込)
数量

商品説明

老舗として自社生産の極上棒鱈を直送します!
京都の老舗の料亭も使用している極上品。この料金は、自社生産・直送だからできます!
 

新鮮な真ダラを天日でじっくり乾燥させました。

棒ダラの老舗として伝統の味を今に伝えます。

「棒鱈」は、北海道近海で漁獲された新鮮な真だらを載割した後、天日でじっくり乾燥させてつくる、 まさしく自然食品そのものです。

特に稚内地方の早春は 晴れて湿度の少ない風の強い日が多く、棒鱈製造には 最も適した気候風土と言えるでしょう。

古い時代より 関西方面に運ばれ、大切にその伝統の味を今に伝えています。 

自社製造の棒だらが小学館「サライ」に掲載されました。
2002年・新年号 
(1)真水に5~7日浸す。
(夏期3~4日)
(2)毎日水を替えます。 (3)もどしたら水洗いを
します。
「つけ棒ダラ」の方は、
ここからスタート!!
(4)1口大に切り多めの水を加え水から煮立て5分ほど沸騰させた後火を消します。
しばらくの後、新しい水に替えて5~8時間おきます。
(5)もどしたタラの2倍量のダシ(こんぶ・かつお)で3~4
時間煮ます。
(6)汁が半分になったら砂糖を適量加え30分煮ます。
(7)調味料(醤油・みりん・酒)を加え
5分ほどさっと煮たら火を止め
冷めるまでおき、煮含ませる。
できあがり!!

強い季節風が吹く最北端の町、稚内は棒鱈の全国一の産地! 

旨い干物は、鮮度が身上
北海道沖の子持ち真鱈がもっとも美味しくなる12月~3月ころ、 稚内の棒鱈作りの最盛期です。

稚内の港に真鱈が揚がると、すぐに自社工場に直送。
10kg以上、時には18kgの超大物も揚がることもあります。 達人の切子さん達が、刃渡り30cmもある大鱈包丁で おろしていきます。 



頭でっかちの大口「たらふく食べる」の語源になるくらいの大くらい。 



身だけになった真鱈を、乾燥室である程度乾かしてから、 常温の室内に吊って水分を抜く。
そのまま干したのでは、凍って肉がスポンジ状になり味を損ねます。

吹きさらしの納屋に上げてひと月寒風に干す。
カチカチを納屋から下ろして井桁に組んで、戸外の天然冷蔵庫に もうふた月寝かせる。





3か月かかって、10kgの鱈がたった1kgの棒鱈に仕上がります、
「自然の風は、仕上がりの色つやがまったく違う。 こればかりは、人間の力ではどうすることもできません。」

最北端のからっ風が棒鱈を磨き上げました。 



 

商品仕様

原材料 /
食品添加物
原料(真鱈)のみ
販売最小ロット 8,910円/1kg (税込)
生(原)産地 日本
加工地 北海道
賞味期限 製造から約2年
解凍方法 冷蔵庫解凍、自然解凍
納期 / 発送体制 2営業日以内に対応致します
運送費 別途送料表をご確認下さい
納入実績 飲食店、居酒屋

最近チェックした商品

カートに追加しました

- 商品点数合計
999
- 商品合計
9,999,999円(税込) + 送料

※送料は各店舗にお問い合わせください。

店舗ごとの小計